07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

絵本の解読本?! 

以前にあちこち本のことを調べていたら、
↓ の本をアマゾンで見かけました。
(表紙のイラストのリンクができず、タイトルだけです。)
すばらしいとき―絵本との出会い

  
を翻訳した、渡辺茂男さんが絵本や翻訳のことを
書いた本のなのです。

センダックの世界のことなどをとても詳しく書いています。
アマゾンでは、古くてすでに新品を購入することは
できませんが、実家の近くの図書館の保存庫に大事に
保存されているのでお借りしました。

じっくりじっくり読みたかったのですが、
あまり時間がなく、飛ばし読みでしかもまだ読み終わってません。
しかし、とても印象的だったのは、

「センダックの作品は、読者に絵を読むことを要求する。」

まさに、芸術絵本なんですね!

   

これらの絵本について多くのことが語られていました。
また、機会を見つけて、じっくりじっくり読みたい、
渡辺茂男さんの本でした。

それでは、今日もHappy Reading & Shadowing~
スポンサーサイト

Category: 趣味の本

tb -- : cm 2   

イタリアンレシピ本 for KIDS ! 

長男が見つけた料理本
子供向けなのですが、どっしり重たくて、
読み応えあります~!!

こちらのレシピ本って結構、文章で説明されていて
日本のように写真などを使って分かりやすく・・・
という配慮が全くない

ですが、この本は、子供向けだからか絵を使って
わかりやすく説明しています。

ピザから生パスタ、ニョッキなどなど本格的に作れそうです。
野菜の切り方も詳しく、わかりやすく書いてあります~


The Silver Spoon for Children: Favourite Italian Recipes (Silver Spoon Book)

多読のあいまに、ちらちら眺めて、楽しんでます
いずれ長男と作ってみます。

ところでヤングアダルトバージョンの


YL = 6 58,534words

図書館で1巻目と2巻目が一冊の物を発見
GRの2冊目がすぐに手に入りそうにないので、
こちらを少しずつトライしてみることにしました!!
まだ本当の触りですが、GRを読んでいるので、
快適に飛ばし読み、出来ている気がします。

1巻を1週間ぐらいかけて読めたら上出来?!
問題は、まだGR未読の2巻目なので・・・

簡単な絵本の多読もしながら、PBを楽しんでいきます~!
たまに報告しますね

それでは、今日もHappy Reading~

Category: 趣味の本

tb 0 : cm 0   

あやとりの本 

なぜか、「あやとり」がやりたいと言い出した次男。
図書館で色々と探したところ。。。
発見!!


String Games

たぶん私が借りられる図書館の中で唯一だと思われます!!

そして。。。 むずかしーーーー
まず、どの指のことを言っているのか、わからない。。。
実は、見つけて2週間くらい経つのですが、
やっと2~3個出来るようになりました。

1日目わからなくても、2日目、なんか出来たり、
焦らずじっくりやると良かったりする気がします。
もう自分が夢中になった頃のことは、すっかり忘れたので、
昔懐かしい物が出来上がるとうれしく、子供と楽しんでます!

なぜか「はしご」は、'Jacob's Ladder' という名前だったりして、
変なところに面白さも発見してます

それでは、今日もHappy Reading, Shadowing & Listening~

Category: 趣味の本

tb 0 : cm 0   

お料理の本 

図書館でふと、目に飛び込んできた本


Everyday Harumi: Simple Japanese Food for Family and Friends

イギリス向けに書かれた栗原はるみさんのレシピ本
主婦になりたての頃、た~くさんの本や雑誌で色々なアイディアを
頂き、大好きな料理人の一人です。
まさか、英語で書かれたものがあるとは!!
早速、借りてじっくり中を見てみました。

全部は読んでいませんが、introduction だけでもかなり楽しく読めました。
和食の基本、文化の違い、野菜の違いなど色々書かれています。
オーストラリアは、マルチカルチャーでかなりごちゃごちゃ、ミックスですが、、、
基本的には、イギリスの文化です。
イギリス向けに書かれたこの本は、とっても身近に感じられて
個人的には楽しいです。
ただ、、、 日本の調味料を揃えるとなると・・・
海外ではかな~り高級な物になってしまいます・・・
なので、読書風にこの本を楽しんで、
ちょっとアイディアを頂けたら、嬉しいな!!
と、思って、毎日少しずつ眺めて、読んで。

海外の本らしく、ハードカバーでとっても重たいですが、
フルカラーの写真付きでとても読みやすいです。

introduction だけでも 2,000語以上あり、
そのほかに、ちょっとした調味料の説明や保存調味料の作り方。
それぞれの料理のレシピと100語程度の料理の紹介。
最後にイギリスで日本食材が手に入るお店の紹介 など。
盛りだくさんです!!

日本の文化などを外人に説明する時などにも役立ちそうで、
毎日パラパラ眺めて、作れそうなものを作ってみようと思います

Category: 趣味の本

tb 0 : cm 0