01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

the Problem with Forever 読了♪ 


the Problem with Forever
YL = 6 (自己判断) 128,715words

小さい頃に虐待され、ホームスクーリングをし、
あちこち振り回されて育った、Marolly。
高校生になって見つかったフォスターファミリも
彼らの唯一の子供の身代わりに私を育ててくれているんじゃないかと、、、

今までの生い立ちが、PTSDに繋がり、
学校生活に馴染めず。
新高校生活が始まった時にふと再会した、幼なじみのRider。
彼もまた、生みの親を知らず。

そんな彼らが再会し、距離が縮まり...
恋に落ちるのですが、彼らの前にはいつも
大きな障害物が、、、一難さって一難?!
いや、高校生ならではの問題よね。
授業のことや進路のことや親とのこと。。。

ちょっと日本とは違うな、って所は、
目の前で同級生が銃で撃たれて死んでしまうんです。
これはちょっと、、、あまりにも心苦しかった。

そんな Marolly と Rider の昔からの結びつきは、
こちらの絵本。


古典絵本のようです。
お恥ずかしいのですが、知りませんでした

日本語版もいしいももこさんの訳であるんですね!


これから絵本の方も読みますよ!

いやぁ〜、それにしても久しぶりに長編小説、がんばりました!
長かったぁ〜、、、だけでなくて、tadoku的にかな〜り、
すっ飛ばした感あったのですが、ちゃんと読めたのかな??

ジャンルとしては典型的なYA!!って感じの物語でした!

それでは、今日もHappy Reading〜
スポンサーサイト

Category: YL = 6 ~ 7

tb -- : cm 0   

[GR] Northanger Abbey 読了♪ 

Jane Austen の古典をGRで読みました。
最初は、ペンギンリーダーズを見つけたのですが、
あとからマックミランの方も見つけたので、
レベルは大きく違いますが、両方読んでみました。

物語は、1802年のイングランド。
舞踏会での社交の様子や暮らしぶりが垣間みれる
若い男女の恋物語


Penguin Readers: Level 6 NORTHANGER ABBEY (Penguin Readers (Graded Readers))
YL = 6  32,059words

GRの中でも一番高いレベル。
それなりに文の構成は、レベルが高く出来ていると
思いますが、語数制限も加わってくるので
外国人の私にはとっても読みやすく感じました。
レベル6の割には知らない単語が少なかった...と。

物語の本題に入る前に、
Jane Austen 自身の紹介が6ページほどありました。
つまり物語の背景が少しわかるようになっています。

レベル6の割には総語数が少なくて、読み始めやすかったです!


Northanger Abbey: Beginner (Macmillan Readers)
YL = 1.5  7,337words

こちらはビギナーレベルのGR。
挿絵も豊富で一文がとても短くてシンプル。
多読初心者向けになっています。
それで居て、大まかな物語がわかるのだから、
これはこれで良かったんではないかと思います。
ま、英語力のある人から見たら、とっても
物足りなくなるんでしょうが。
あらすじをつかむ!という意味では、おすすめです。

久しぶりにGRを楽しみました
それでは、今日もHappy Reading〜

Category: YL = 6 ~ 7

tb -- : cm 0   

Extremely Loud and Incredibly Close 読了♪ 

なんとか、滑り込みセーフ?!
年内に読み切りました。


Extremely Loud and Incredibly Close
YL = 6.5 (自己判断) 91,823words

9.11 のテロで父親を亡くした少年の物語。
お父さんの遺品に、封筒に入った「鍵」。
その封筒には、Black と書かれていました。

そこから始まる、「鍵」の持ち主探し。
そして、祖父と祖母の過去の話しが交差しながら。
色々な感情を表しながら。
物語は、静かに進んで行きました。

いやぁ〜、読み応え、あったーー。
というか、私のレベルじゃ、まだまだ、よね^^;

最初は読むだけだったのですが、オーディオがある事に気づき、
聴き読みをしました。
この音源が、とっても良かった!

時には、音源だけで物語を復習したり。
行ったり、来たりしましたが、
存分に活用しました!

12月に入って、久しぶりに行った図書館の
スタッフおすすめコーナーに置かれていた、この本。
前々から読みたいとは思っていたけど、
これは、今が読み時?!なんて思って、読み始めました。

今年中に読み切れるのか??
というくらい、ボリュームがありましたが、
音源に助けられながら、なんとか大晦日の朝、
読み終える事が出来ました!

音源は、コチラ。


12月は、この本だけを追いかけて来ました。
ちょっとヘビーだったな。。。
内容的にも、レベル的にも。

本当は、今年を振り返る記事も書きたいのですが、
今日は、これくらいで。また改めて書きたいと思います。

大晦日の今日は、年越しそばを食べて、
毎年恒例?! 近くのビーチのファリミー花火を見て、
締めくくりました。

今年はあまり多読も進まず、ブログの更新も進みませんでしたが、
まだまだ読みたい本、満載なので、来年もがんばりたいと思います。
それでは、良いお年をお迎えください。

Happy Reading〜

Category: YL = 6 ~ 7

tb -- : cm 0   

The Crossover 読了♪ 


The Crossover
YL = 6 (自己判断) 16,006words

2015年ニューベリーメダル受賞作品

語り手は、12歳の少年Josh。
バスケットをとして、家族や兄弟のことを
詩の形式で語ってくれます。

感情を文字だけでなく、文字の並べ方や
大きさなどを使って表現してあり、
思春期の少年の気持ちをよく表していたと思います。

また兄弟が双子のもう一人で、
お父さんを含めてみんなでバスケットを愛している所、
なんかも良かったと思います。

詩の形式なので、総語数的には長くないですが、
単語自体はそんなに易しくなかったと思います。
バスケットのボールに合わせた感じに、
リズミカルに描いている部分もあれば、
ちょっとしんみり、、、な部分もあったり。

本当は、音源と一緒に楽しんでみたかった!
のですが、すぐに手に入らなかったので、
未消化分とかねて、いずれ音源と一緒に再読したい
一冊!となりました。
読めば読むほど、奥深さを感じられる本、
なのではないかと思います。

読み終わって頭をよぎったのは、

brown girl dreaming の過去記事

どちらも今年の始めのニューベリー賞で
話題になった本でした。

それでは、今日もHappy Reading〜

Category: YL = 6 ~ 7

tb -- : cm 0   

Wrong About the Guy 読了♪ 


Wrong About the Guy
YL = 6 (自己判断) 65,000words (概算)

お母さんが再婚した相手は、テレビに出てくるような
有名な人。つまり、義理のお父さんが、有名人!
となって、なぜかいつも騒がれるようになってしまった、
Ellie。 お母さんが選んだ家庭教師のGeorge と
大学受験に向けてがんばってます。

そして、お母さんが再婚したお義父さんとの間には、
年の離れた弟が。 でもお母さんは、自閉症では?
と、疑って悩みが増えるばかり。

それから親友のHeather。
お義父さんの仕事仲間の家族、などなど。
色々な人の色々な恋愛物語。

本の3/4くらいまでは、恋愛物語、といっても
あまり恋愛感情的な内容の物語はなく
どちらかというと、人間関係の物語?!
もう読むの辞めようかな。。。と、退屈気味でした。

でもせっかく半分くらいまで来たから?!
とか、あまり多読的には良くない感じで進んで来ちゃいました。
物語に深く入る、というより、英語的に読みやすかった。
だけで、だらだら読んでしまった感が

が、3/4まで来たら、急展開?!
色々と話しが大きく転んで、楽しくなって来ました。
って、ちょっと最初を伸ばし過ぎ?!ってな気がしたのは、
私だけかしら??

少し前に図書館に行った時に、
新刊がたくさん入ったから、どうぞ〜。
と、YAの棚からお持ち帰りした本です!

レビューなどを見ると、現代版、Jane Austen の EMMA。
などとありました。
私は原書では読んでせんが、(読めませんが、、、)
GR版 EMMA は、好印象だった記憶があります。
う〜ん、、、どうなんでしょう??

純愛物語、という感じでは、
まぁまぁ楽しめた!という感じでしょうか。
YA にしては、軽めな感じですが、ボリューム感では、
読んだなぁ〜、という感じになりました。

こちらの作者さん、自閉症関連の本も出しているようなので、
次は、そんなのも読んでみたいと思います。
ただし、、、今回の物語に自閉症疑惑の弟が登場する意義が
あったのか?? 別に普通に年の離れた弟でも、、、
という気がしたのは、私だけかしら?!

それでは、今日もHappy Reading〜

Category: YL = 6 ~ 7

tb -- : cm 0