03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

A Happy New Year !! 

いやぁ〜、またまた1年が始まりましたね!
2016年、こちらは夏
おせちも作らなくなって、?年。。。
クリスマスが一番のお祝いムードなので、
元旦の今日は、普通の休日?!
私も次男と一緒に、久しぶりにビーチで
過ごそうかと思ってます。

ところで、、、
まだ1年を振り返っていないので、ちょっと振り返ってみようかな。
一番印象に残っている本は、

Listen to the Moon のブログ記事

その次は、

ブログ記事

Michael Morpurgo にはまった年となったような?!
そう彼の伝記、

も良かったです。ブログはこちら♪
まだまだ彼の本は、読みたい物ばかりです。

あとは、Judy Blume もお気に入りで、ずいぶん前に
近くの図書館にリクエストした数冊は、ようやく
すべて読む事が出来たかな。これも、ちょっとした
達成感になったかも?!

2015年、tadoku は、だいぶのんびりペースに
なってしまったけど、総語数が減らないので、のんびり
少しずつ伸ばして行けたら!と思います。

あまり受賞作品や話題の作品は、追いかけられませんでしたが、
2016年もたくさんの良い児童書に巡り会えたら
と思っています。 ま、すでに読みたい本はいっぱいですが

こちらの図書館、だいぶ電子書籍も増えてきたのですが、
やっぱり図書館に行って、紙の本をパラパラ探す方が
良い感じ?! もう一生かかっても読み切れないですね。
だから、やっぱり自分の好みにあった物をうまく見つけて、
サクサク、読んで行けたらなぁ〜、って、皆も同じ?!

あとは、やっぱり音源もうまく活用して行きたい!!
これは、毎年変わらない目標かも。
どうしても字を読む方が好みの私。
オーディオだけで一冊を楽しめるようになるのは、
いつのことやら。。。 こつこつ、積み上げられるように

それでは、2016年も、Happy Reading〜
スポンサーサイト

Category: 多読的おしゃべり・・・?!

tb -- : cm 0   

Sally Gardner に会って来ました♪ 

オーストラリアに来る!と言う情報をゲットしたので
子供たちと一緒に行って来ました!
と言っても私だけがスピーチ聞いて、
本にサインをもらって喜んで帰って来ました(^^;



1メートルも離れていない距離で、
こじんまりしたお話会でした。

やっぱり代表作は、


賞も獲ったし、ご本人と重なる部分もあり、
思い入れが違うのか、開口一番はこちらの話題でした。
私も彼女の本で唯一読んだ本。
その時の感想は、忘れもしない、コチラ^^;

識字障害でスペルなど全く書けない小学生時代。
イラストを描く方が得意だったようです。
そんなイラストにもこだわりがあるとおっしゃったのは、

といってもご本人が描いている訳ではありませんが、
気に入っている部分、思いついたイメージなどを
本を開きながら語ってくれました。
白黒に赤が冴える、ちょっと神秘的な(?)作りになっていました。
いずれ読んでみたいです!

他に児童書なども多くあったのですが、
あえて最新作を選んでサインしてもらいました!


こちらの本です。
登場人物、時代背景などのお話をしてくれました。
ちょっと難しそうな感じだと思うのですが、
ご本人からお話を聞くと、面白そうかな?!
と思い、手を出しちゃいました^^;
ま、滅多にない機会だしね。

ということで、無料のイベントに初!参加。
楽しんできました。マイナーな作家さんなのかな?
いわゆる一般の観客は、片手で数えられるくらい。
あとは、主催の本屋さんの店員さんたちが、最後まで
たくさんの本をかかえてサインしてもらっていました。とほほ。

それでは、今日もHappy Reading〜

Category: 多読的おしゃべり・・・?!

tb -- : cm 0   

最近のお気に入り、児童作家さん♪ 

ここのところ、時間がないなりにも、少しずつ読める時間がまた、
ちょっと増えて来たような生活に?!

前は、暇さえあれば、多読のサイトをあちこち調べて、
赴くままに図書館のカタログで本探し。
で、、、実際は、全然読んでない?!
なんてこともあったのですが、読む時間が減ってしまったら、
図書館に行く時間もなくなり、本探しの時間が減り、、、

ここの所は、図書館へ行く事が出来ると、
なんかお気に入りの作家さんの所ばかりが気になる?!

ということで、私の!最近のお気に入りの児童作家さんを
自分の頭の整理の為にもリストしてみる事にしました。
(興味の無い方は、スルーしてくださいね。)

Michael Morpurgo
Michael Foreman
Patricia MacLachlan
Phyllis Reynolds Naylor
Lois Lowry
Judy Blume
Alexander McCall Smith
Megan McDonald
Sharon Creech
Louis Sachar
Roald Dahl

などです。気が付くと、図書館では、M辺りを一生懸命見ているような?!
どなたも大量に本を書いていらっしゃるので、一生かかっても
制覇できそうにないのですが、、、(涙

で、そんな事を考えていたら、日本のアマゾンのサイトで
目についたのが、

オールタイムベスト児童文学100

日本は夏休みだから、子供たちの読書にも力を入れているんですね!
そして、このサイトの片隅に、全国の図書館の様子が紹介されているんですが、
私の卒業した小学校の図書館の写真が!!
時代も変わりましたねぇ〜。いやぁ〜、びっくりしました@@
注)写真は、期間限定で変わるかも知れません。

で、児童文学のリスト、学年別になっているのも良いな!
と思ったのですが、翻訳されている本が多いのも嬉しい?!
学年が上がると、古典が増えるなぁ〜、とも思いましたが、
私は、リストの中から読めるだけ原作を読みたいですね。

そのうち、お気に入りの作家さん1人ずつの
私のお気に入り本リストでも作れたらなぁ〜。
なんて密かに?!思ってます。

今日は、本紹介じゃなかったのですが、おつきあい頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m

それでは、今日もHappy Reading & Shadowing〜

Category: 多読的おしゃべり・・・?!

tb -- : cm 0   

今年のCarnegie & Greenaway Short List 発表♪ 

昨日は、Carnegie & Greenaway Shortlist が発表になりました!
個人的には前々からとっても楽しみにしていました!
電話のスケジュール帳にも入れて、アラームまでならしてました。 ほほ。

で、、、Carnegie の方は、1冊しか読んだ事がなく、
良く知らない本ばかり並んでました(汗
これからよく勉強します

でも読んだ1冊、主人公の少年が引っ越先で巡り会う、
探偵張り紙?! だまされているんだか、だましているんだか??
みたいなちょっと面白い物語だった事を覚えています。
感想記事はこちらを!

Kate Greenaway の方は、半分以上読んでました。
ほとんど読んで感想を書いている物ばかりなんですが、、、
一つだけ、息子に評判悪くて、ま、いっか、、、と飛ばした物まで
ブクログでチェックしたら、去年の8月に読んでました

YL = 0.8 (概算) 500words
で、自分の記録がありました! たぶん語数は少なめの概算だと思います。

その他、読んだ物は勝手に、私のお気に入り順に並べてみようかな?!

YL = 1.5 999words

それぞれのクレヨンの気持ちを上手に表現していて、
イラストも雰囲気があって、良かった!!
過去の感想記事は、こちら


YL = 1 (自己判断) 204words

2013年のコルデコット受賞作品ですね!
過去記事は、こちら

そして、同じ作者の

YL = 1.5 561words

過去記事は、こちら

まだ読んでいないのですが、ちょっと大人向けの絵本で
字もイラストもとっても細かくて、いずれ読みたい!
と、図書館の棚で見つけるもお持ち帰りしなかった絵本。

Where My Wellies Take Me
9,149words

レベルは読んだ時に感想と一緒に判断したものを載せたいと思います。
しかし、絵本なのに1万語は、やっぱり大作かも?!

他の物は、読んでいないので、いずれ読んでみたいと思います。

ところで、こちらの賞は、歴史も長く大人が選ぶのですが、
最近見つけたサイトで、子供による投票で決める本!
なんて言うのもあるようです。 まだあまり歴史も浅く、
私も勉強不足ですが、興味がある方が居たらのぞいてみてください。

アメリカ版 → こちらのサイト

イギリス版 → こちらのサイト

それでは、今日もHappy Reading & Shadowing〜

Category: 多読的おしゃべり・・・?!

tb -- : cm 2   

2014年、メダル作品、あれこれ、、、 

2014年が始まったかと思ったら、、、
もうすぐ1月も終わり、、、ですね

あちこちで受賞作品が発表されています。まずは、
NewberyCaldecott
(まだ本の表紙までリンクされていないようですね。
ちょっと淋しい。。。)

今年早速、うれしいことにニューベリーのメダルに輝いた本。

Flora and Ulysses: The Illuminated Adventures
YL = 4.5 (自己判断)  32,790words

りすと!楽しく、愉快な冒険物語?!
もっと詳しくは、過去記事の記録へ

軽いタッチの物語で、白黒のえんぴつ画のような
細か〜いイラストが楽しい児童書です。
是非是非、読まれる方は、PBをお勧めしたい本です!
イラストに含まれる文字はカウントされていないと思うので、
語数の割には、読み応えばっちり?!かもしれません!

今回のコルデコット作品は、読んでいない物ばかりで、
何も書けませんが、少しずつ探して読んでみたいと思います

それから、ヤングアダルト系のプリンツ賞
金賞作品は、ホラー系でちょっと私の好みではなさそうなので、
勝手にスルー、、、(スミマセン><)
銀賞作品の中には、2冊も読んだ本があって、ちょっと嬉しい!

Eleanor & Park
YL = 6 (自己判断) 78,179words
過去記事へ

そして、あちこちで受賞している、こちらの本。

Maggot Moon
YL = 6  30,932words
過去記事へ

そして、エドガー賞なんかも発表になっていて、
読みたい本がまたまた続出!!
いやぁ〜、今年ももうしっかり!稼働してますね(汗

実は、ニューベリーが発表になる数日前から、
受賞の作品の候補よね! と思って、読み始めた本が。

The Thing About Luck
YL = 5 (自己判断) 48,378words

全米図書の児童書部門賞だったので、ニューベリーも??
なんて淡い期待を抱いて、読み始めたのですが、
発表前には読み終わらなかった。

まだ半分なので、読み終わったらブログに書きたいと思いますが、
思いのほか、前半が読みにくい。
あまりスピード感がないのよね(汗

日系ファミリーの話題なので、細かい所はなんだか
微笑ましく読めるんだけど、それだけなのよね。。。
半分くらいのところで、ちょっとした事件が起きたので、
少しスピードアップした感はあるけど、、、

ふふ、どうなりますやら?!

賞の発表があるたびに、読みたい本が増え。。。
一向に追いつきませんな

それでは、今日もHappy Reading & Shadowing〜

Category: 多読的おしゃべり・・・?!

tb -- : cm 0