03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

Hilary Knight のクリスマス絵本♪ 

動物たちのイラストが素敵なクリスマス絵本を2冊読みました


Hilary Knight's Twelve Days of Christmas
YL = 1 444 words

お馴染み、On the First day of christmas 〜♪♬
で始まるクリスマスソングにHilary Knightの素敵な
イラストがついた絵本となっていました!


A Christmas Stocking Story
YL = 0.7 300words

動物たちのクリスマスストッキングが入れ替わっちゃった??
詩のような感じで物語が進むので、
語数の割には単語が難しいと思いました。

こちらも動物たちが主役のクリスマス物語!

ところで、タイトルのHilary Knight で誰だか分かりました??
有名な絵本は、

オリジナル、Eloise のイラストレーターさんです!

今では、子供向けのリーダーズもあるくらい人気ですが、
そちらは、著者さんも、イラストレーターさんも違います。
物語の趣向は同じになるように描かれているようですが。

素敵な芸術絵本という感じのクリスマス絵本でした

それでは、今日もHappy Reading & Shadowing〜
スポンサーサイト

Category: Christmas Books

tb -- : cm 0   

今年のイチオシ、クリスマス絵本♪ 

今年出会ったクリスマス絵本の中でイチオシ

1995年 Kate Greenaway Medal 受賞作品

The Christmas Miracle of Jonathan Toomey with CD: Gift Edition
YL = 2 2,836words

孤独になってしまった、Jonatha Toomey。
木彫りの彫刻家です。
ある日、村一番の彫刻家だと聞いて、
息子と一緒に、引っ越しでなくした物を造って欲しいと
頼みに来た未亡人。お願いは、、、
クリスマスまでには造ってくれないと困ると。。。

孤独なToomeyは、何?クリスマス、そんなもの知るかっ!
って感じなのですが、彼らのお願いを聞きながら
少しずつ、少しずつ造って行きます。

いやぁ〜、みんなにミラクルが起きますよぉ〜!
ちゃんと、クリスマスに

という素敵な物語をイラスト、音源とともに楽しみました!!
いや、まだ何度も楽しんでます。実は、、、

とっても素敵なイラストは、P.J. Lynch
以前に読んだ絵本があること判明。 こちらの過去記事
2度もKate Greenaway賞受賞してるんですね!
1997年の Kate Greenaway 賞受賞作品がありました!

YL = 3.4 1,816words

CDの朗読は、James Earl Jonesさんという俳優さん。
とても素敵な、渋い声でこの物語にぴったり!!なんです。
と、おしゃべり会でお話ししたところ、、、
この俳優さんを知っている方が居ました!
というか、私、全然何も分からないので、基準が低すぎなんですが。
実は、いや、たぶん、とっても有名な方です。
興味がある方は、ググッてください

そして、我が家のクリスマス絵本ランキング?!
私の1位は、文句無く、今紹介したですが、
次男の1位は、

How Santa Really Works
YL = 2.6 3,397words
過去記事は、こちら

ユーモアがあった絵本は、

Lazy Santa and Toto: How a Sheep and a Stray Sneeze Saved Christmas
YL = 1 420words

ちょっと神秘的なイメージの、
Auntie Claus の絵本2冊♪

そして、やっぱり定番のすてきな絵本は、

The Polar Express
YL = 1.5 1,050words
過去記事は、こちら

本当は、物語もたくさん読みたかったけど、
絵本だけで終わっちゃった、、、
今の時期だけだからね、、、でもまだまだ勝手に
楽しもうと思っているので、少しずつ少しずつ紹介できたら!
と思っています。

それでは、今日もHappy Reading & Shadowing〜

Category: Christmas Books

tb -- : cm 0   

Tomie さんのクリスマス絵本♪ 

今日は、トミーさんこと、Tomie dePaola さんの
クリスマス絵本を数冊紹介します〜

やっぱり一番有名なのは、これ?!

Merry Christmas, Strega Nona
YL = 1.5 1,220words

Big Anthony に毎日街まで行かせて、
クリスマスの準備に大忙しの魔女、Strega Nonaばあちゃん。
毎年クリスマスには街中の人たちにごちそうを振る舞うんです!
でもね、今年は、、、

頼まれた買い物を忘れたBig Anthonyのお陰で
何にも料理が出来ないクリスマスイブとなったおばあちゃん。
一人寂しく、教会へ、、、

クリスマスには魔法は絶対使わない!と言ったおばあちゃん、
最後には、、、
素敵なクリスマスの物語でした!

次は、メキシコの昔話から。

The Legend of the Poinsettia
YL = 2 1,222words

ある日、クリスマスまでにイエスさまの毛布を作って欲しいと
頼まれるお母さん。手伝う娘、Lucida。
しかし、クリスマス目前で病に倒れてしまうお母さん。
お母さんの代わりに毛布を仕上げたい、、、

が、願いは叶わず
教会に持って行くプレゼントも無く、泣いていたLucida。
そこに見知らぬおばあちゃんが現れて、
「どんな贈り物もイエス様は喜んでくれますよ。」と。

彼女が教会へ持って行った贈り物とは、1束の草?!
深々とお辞儀をして、差し出すLucida。
それは、、、

こちらもクリスマスのマジックで素敵な物語でした♪
こちらの絵本、こんなところ
紹介されていました! 14番目です。

友達と楽しく過ごすクリスマスは、

Four Friends at Christmas
YL = 1 650words

こちらはサーカスの動物たちと一緒に過ごす、Clown boy。

Jingle the Christmas Clown
YL = 1.7 1,469words

サンタさんのお家にご飯を食べに来たのは??

Guess Who's Coming to Santa's for Dinner?
YL = 2 1,141words

こちらは、古典を元に絵本に!

Story of the Three Wise Kings
YL = 2 400words

本当は、まだまだトミーさんのクリスマス絵本って
たくさんあるのですが、今回読めたのは、これら。
色々なお話があって、楽しかったです。また機会があったら!

それでは、Happy Reading & Shadowing〜

Category: Christmas Books

tb -- : cm 0   

Bruce Whatley のクリスマス♪ 

タイトル見て、どなた?って感じかしら?
オーストラリアを代表する絵本作家さんの一人!
という感じでしょうか。
今日は、ちょっと彼のクリスマス絵本を!!

お馴染みの代表作は、

Christmas Wombat
YL = 0.5 145words

Diary of Wombat のクリスマス編ですね!
コロコロ転がる、ウォンバットがかわいいです!

は、イラストだけでしたが、
今日は、彼が手がけた絵本を!


The Watchmaker Who Saved Christmas
YL = 1.5 700words

時計屋さんのおじいちゃん。
冬のある日に頼まれた修理の時計は、、、
なんとサンタさんに頼まれた時計だった!

イラストがとっても細かくて、思わず、
Hugo を思い出しました


The Little Drummer Boy
YL = 1 400words

おじいちゃんが彫ってくれたドラマーのお人形。
毎年、クリスマスツリーに!!
何年も何年も、、、そこにある。
心にじ〜んと染みる物語でした

どちらもと〜っても良い物語とイラスト!!

それでは、今日もHappy Reading & Shadowing〜

Category: Christmas Books

tb -- : cm 0   

見た事あるキャラのクリスマス絵本♪ 

ぞうのババールでお馴染みのから

Babar and Father Christmas
YL = 2 2,650words

子供たちがサンタさんにどんなプレゼントを
お願いしようか、相談。そして、お手紙を出して、、、
という様子を見ていたババール。
今年は、この国にもサンタさんに来てもらえるよう
ババールがサンタさん探しに出かける、ちょっと楽しい冒険物語!

こちらは、フレンチがオリジナルのせいか、
サンタという言葉ではなく、Father Christmas という言葉を使っています。
なかなか本格的な、物語で良かったです!


そして、図書館ねこの実話で有名な、
Dewey のクリスマスバージョンもありました!

Dewey's Christmas at the Library
YL = 1 624words

Dewey、 始めて迎える雪のクリスマス。
こちらも実話なのではないかと思います。
特別な事は起きませんが、素敵なクリスマス♪


次は、高級ホテルに住む、、、

Eloise Decorates for Christmas (Ready-to-Reads)
YL = 0.5 213words

Eloise らしく素敵に?! 楽しく、
クリスマスデコレーションを楽しみますよぉ〜

簡単な英語でここまで楽しく出来たら、

そして、最後は、大のいたずら、、、

Horrid Henry's Christmas Presents (Horrid Henry Early Reader)
YL = 1.5 1,645words

プレゼント、もらって嬉しいんだか?!
なんだかすごいキャラクターたちです
相変わらずの兄弟喧嘩もすごいですよぉ〜

全部で7つのチャプターに分かれていますが、
すべてフルカラーのイラスト付きなのでわかりやすいです!

最後にお父さんとお母さんに書くお手紙もあるんですが、
もらって嬉しい内容か、、、といわれると微妙ですが、
こうも書ければすばらしい?! という感じです。
はちゃめちゃだけど、色々な形容詞が出てくるなぁ〜

それでは、今日もHappy Reading & Shadowing〜

Category: Christmas Books

tb -- : cm 0