05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

夢をかなえるゾウ 読了♪ 



2年くらい一緒に働いているお友達が最近、
日本の実家からkindleを買って送ってもらった、と。
で、この本を読んだら「おもしろかったぁ〜!」
というので、私も影響されて?!読んでみました!

基本は、自己啓発本だと思うのですが、
ちょっと小説仕立てにしてあり、
語り口が関西弁になっており、
楽しく物語が進んで行きましたぁ〜

まとめてしまえば、どれもこれも
普段から気をつけてやりたいなぁ〜、と
思える些細な事。
今更、目新しい、斬新な内容はあまり見受けられなかったけど、
わかっているけど、できないよ、、、と思える事が多々?!

改めて元気をくれる本だとは思いました!
日本で話題になったんだよぉ〜!
ということで、実は私の周りに読んだ事あるよ!
って言う人、何人かいました!

そして今回アマゾンなどをのぞいたら、
続編もでてるんですね!
チャンスがあったら読んでみたいけど、
ま、今すぐどうしても読みたいぃ〜ってほどには、
魅かれないかも、、、
次はやっぱり洋書!に戻りたいです。

それでは、今日もHappy Reading〜
スポンサーサイト

Category: 和書

tb -- : cm 0   

夜明けの縁をさ迷う人々 読了♪ 



近くの図書館に小川洋子さんの作品があることに感動し、
短編集とは知らずに、読みました。
全部で9つ、収録されていました。

ちょっと背筋がぞっとする、怖い話し(私には)があったり、
あまり注目を浴びないような人物像が描かれていたり。
とっても奥が深くて、考えさせられる本でした。

きっと若い頃に読んでも良さを感じないんだろうけど、
時の流れをじわーっと感じられるようなお話が多かったので
今の私には奥深く感じられましたぁ〜。

短編集なので、一つ一つのお話はとっても短いのですが、
なんか駆け足で読む、というよりは、
噛み砕きながら読んだ感じ?
思わず、何度も読み返してしまった部分もあります。

きっと読めば読むほど、味わい深く感じられるような、、、
また時間をおいて、読んでみたい作品でした。

今月は和書で終わっちゃいそうだけど、
良い作品に出会えて感謝♪

それでは、今日もHappy Reading〜

Category: 和書

tb -- : cm 0   

ニューヨークのとけない魔法 読了♪ 


ニューヨークのとけない魔法 (文春文庫)

なんとなく素敵なタイトルに魅かれて、
読んでみました。
なか身は、エッセイ。
著者の体験した、身近なニューヨークが
簡単なワンセンテンス英語と一緒に楽しめました。

教科書で教えてくれる英語とはちょっと違って、
雰囲気のある日本語訳もまた、楽しめました。
そういう点では、海外に住んでいる私にも
身に覚えが、、、ということで、楽しめたのかもしれません。

ちっとも英語の本を読めてなくて、、、
この和書でさえ、だいぶ持ち歩いてやっと読み終えた感じ
今月中に1冊は、洋書読むぞーーー

それでは、今日もHappy Reading〜

Category: 和書

tb -- : cm 4   

「春になったら苺を摘みに」 読了♪ 



梨木香歩さんのエッセイ。
海外体験記、といった本でした。

ただ梨木さんのファンで、以前に読んだ本が良かったので
読んでみました。

過去に読んだ、
西の魔女が死んだ
沼地のある森を抜けて
は、どちらもお気に入り!

でも今回は、その調子で読み始めたら、ちょっと違いました。
エッセイ、海外体験記なので、
梨木さんがイギリス留学した時のことが書かれていました。
日記のようにすべてが書かれている訳ではなく、
始まりも突然、
「英国に半年間滞在する為の家探しをしていたが、(略)
サリー州に住むことに落ち着いた。」
と、前置きがなく突如始まる感じでした。

ま、私は本読みに慣れていないので、いつも同じ事の
繰り返し?!な気はするんですが、、、
加速するのに時間がかかる?!
感情移入するのに時間がかかる気がします

半分が過ぎた頃から、だんだん乗って来て?!
同じ海外在住者としては、異文化の受け取り方など
同意する部分が増えて行くほど、感情が入って来て
読みやすくなりました!

そして、それらをこんなに上手に表現できて、
羨ましいなぁ〜、なんてちょっと思っちゃいました。

母国語が日常、聞こえたり、見えてこない世界に住んでいると
なぜか母国語が公共の場で見聞きしたときは、
異常にそこだけ反応しちゃうんです。
聞きたくなくても、本当に鮮明に、クリアーに
理解できちゃうんです。
そんな体験も上手に表現されていました。

また数年後、再読したら自分の感情も変わってるかな...?!
まだまだ梨木香歩さんの本、
読みたいと思わせてくれました!

それでは、今日もHappy Reading〜

Category: 和書

tb -- : cm 0   

[和書] ツナグ 読了♪ 



一生に一度だけ、死者との再会を叶えてくれる...
そんな辻村深月さんの作品を初めて読みました。

大人になればなるほど、
亡くなった人との別れで後悔することは、多い、
ですよね? 特に身内だと、、、

全く違う思いを抱いた人たちを描き、
全く異なった理由で、亡くなった人ともう一度会って、
話しがしたい。想いを伝えたい。

そんな切実な感情のドラマでした。
どこにでもこういう人、いるよね!
という身近な人物像。

全部で4人、いや、5人?
全く異なる環境、事情の人たちが主人公。

最初の章は、う〜ん、ま、どこにでも居て、
ま、そう言う事もあるよね。。。
とあまり私の感情は動かされず、
なんか面白さを感じなかったのですが、
次の章、次の章、と行くごとに魅き込まれました。

最後の章は、きれいにまとまっているというか、
すべてがここに繋がって来て、
きれいすぎると言えば、きれいすぎますが、
物語の作品としては、とても良かったです!

そして読み終わって、私が会いたい人は、
一人じゃなくて二人。なので、今の私は、「ツナグ」に
依頼することはもう少し、先に取っておいて、、、

自分の生かされている立場を
しっかり考えて、残りの人生を子供達のため、家族のために
がんばりたい!って思わせてくれました。

死んだ人と生きている人を会わせてくれる「ツナグ」
そんな人が居たら、私もお願いしたい!と
現実的にも思えるように描かれていた物語にも感動しましたが、
途中、死んだ両親は、祖父とあの世で仲良くやっているのだろうか?
という文章にもハッと心が動かされました。

生きている間にあの世のことを分かるときは来ないのでしょうが、
あの世で会える人たちの事を思い描きながら、
楽しみに取っておきながら、残りの人生を大切にしよう!
と改めて思わせてもくれました。

こちら、映像にもなっているようで、
きっと話題になったんでしょうね。時代遅れの私ですが、
読んでとっても良かった和書の1冊でした。

それでは、今日もHappy Reading〜

Category: 和書

tb -- : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。