12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

Starry River of the Sky 読了♪ 


Starry River of the Sky
YL = 5.5 (自己判断) 44,365words

去年読んだ、Where the Mountain Meets the Moon
の続編?! という感じの物語。
といっても、物語が続いている訳ではなく、
同じようなスタイルで書かれた全く別の
物語となっていました。

著者は台湾系アメリカ人。
前回よりは少しイラストが少なくなって
所々に出てくる物語もちょっと違う雰囲気で?!
昔話のような神話を挟みながら進んで行きました。

実は昔、太陽は6コあって、、、とか、
お月さまは2つあって、、、
なんてお話が出てくるとちょっと嬉しくなります!?

家出をした Rendi。
ある宿屋でご主人と商人がこの酒は厄よけに必要!
と、商売の取引をしている所をこっそり聞きつけ、、、
気が付けばこの宿で働きながら暮らす事に。
そこから不思議な村と宿に住む人、訪れてくる人々の話しで
進んで行きます。

アジアンテイストたっぷりの素敵な物語でした!
小6の次男はあっさり一晩でじっくり読み終わっちゃいましたが、
私は1週間くらいのらり、くらりと持ち歩いたでしょうか。
意外と単語が難しく、読むスピードがすっごく遅いな、、、
と半分、自分にイライラしながら読んだ感が残りました

チャプターは全部で45。
その他に、神話が所々挟まれているので、もう少し
チャプターが多い感じに区切られているので読みやすいはず、
だったのですが、その割には読みにくく感じました。
ま、私の語学力の無さを証明しているだけなのでしょうが、、、

前作でニューベリーオナーを取り、
こちらの本では、2012年のパブッリシャーウィークのベスト20
の児童書に選ばれているのですが、
邦訳は出ていない作者さんのようですね。

ちょっと違うテイストの素敵な物語が読めて満足です

それでは、今日もHappy Reading〜
スポンサーサイト

Category: YL = 5

tb -- : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。