07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

「八日目の蝉」、読了♪ 



好きだった人の赤ちゃんを抱いて、、、
逃亡生活が始まる。
初めは誘拐するつもりなんかなかったのに…
赤ちゃんの顔を目の前で見てしまったら…
止まらなくなってしまった…
そんな血の繋がらない子を連れての逃亡生活。

いやぁ~、夢中になって読んじゃいました。

起きては行けない事件なんだろうけど、
どこにでも有りそうな…
今の時代なら尚更、誰にでも起きそうな…

私も自分の子供を産んで育ててるから?!
女だから?!大人だから?!
人間だから?!

世の中、良い悪い、常識非常識…
だけで簡単には片付けられない複雑な事情。
たくさん転がっているなぁ~。
なんて思いつつ、ハラハラドキドキ
と~っても魅き込まれました。

この先、どんな展開で終わって行くのだろうか?
と、思いましたが、前半は、赤ん坊との逃亡生活。
後半は、赤ん坊だった少女が大人になり、
彼女から見える世界から描かれていました。

産みの親に育てられる事だけが幸せじゃない。
愛情を持って育ててもらえれば、
真の親子になれる!
片親だって愛情一杯に育ててもらえば未来は明るい!
と思わせてくれる、そんな終わり方に感動しました。

こちら映像にもなったようで。
日本に帰ってチャンスがあったら観てみたいと思いました。

それでは、今日も Happy Reading〜
スポンサーサイト

Category: 和書

tb -- : cm 0