05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

Room One : A Mystery or Two 読了♪ 

最近かなり?!お気に入りの作家さんの一人、
Andrew Clemets。 図書館で手に入るだけ読もう!!
と思い、 を読みました。


Room One: A Mystery or Two
YL = 4.7 (自己判断) 27,433words

主人公は、新聞配達や家畜の世話する、小6のTed.
アメリカの田舎の過疎が進む、小さな、小さな村での
人間模様、生活をTedの視点から描いた物語。

Tedは、ミステリー、探偵物が大好き!!
ある日、静かな小さな、彼の住む村の空き家に人影が。
探偵好きの彼が色々、考えた末。。。

実は、読み終わるまで知らなかったのですが、
2007年のエドガー賞、受賞作品でした。
ミステリー系のお話になっているとは知らず、読みました。
クレメンツなので、子供の心理的状況を描いた物語。
だと思って読み始めました。

もちろん彼の考えていること、先生との駆け引き。
など、心理的なことは多く描かれていましたが、
うまくミステリー、探偵ものになっていて、
とても新鮮でした。

Frindle よりは、語数も多めでちょっと難しめ、
かもしれませんが、なかなか良かったです。

それでは、今日もHappy Reading & Shadowing~
スポンサーサイト

Category: YL4.0~4.9

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。