10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

Lost and Found 読了♪ 

Andrew Clements の作品、読み終わりました♪


Lost and Found
YL = 4.2 28,109words

今回の主人公は、小学校6年生の少年2人。
双子の Jay と Ray。

誰に合っても、Jay なの? Ray なの? と聞かれうんざり。
そんなある日。 引っ越しがきっかけで、
新しい学校へ通うことに。
そこからちょっと複雑な物語の始まり・・・

今回の物語、今までで一番良かったかも!!
さすが、'Master of the School Story' !!
子供たちの心情をと~っても上手に表現しています。

しかもこんなに、こんがらがった展開になったのに、
どうやって終結するんだろう・・・と、
終盤、心配になったのですが、さすがです!!!
終わり方も良かった!

そして、こんなにまで双子の特徴を活かして
物語にした、作者はすごいなぁ~! と感心したら、
なんと、ご自分のお子さんは4人。
しかもその中に1組、双子さんがいらっしゃるんだそうです!!
なるほど!!! でした。

ハラハラ、ドキドキ、サスペンスやミステリーが好きな方には、
物足りない児童書になるのかもしれませんが、
今の私は結構、子供心を上手に描いた作品、好きです
英語的にもとても読みやすいのです。

Andrew Clements は、少年の心を!
Ann M. Martin は、思春期の少女の気持ちを、
Jacquline Wilson は、ちょっと複雑な問題を抱えた少女の心を
描くのが上手だなぁ~ なんて最近、作家別に整理されて来た私。
いや、まだまだ色々、作家さんはいますけど!!
児童書が面白くて、更に面白くなってきました!

それでは、今日もHappy Reading & Shadowing~
スポンサーサイト

Category: YL4.0~4.9

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret