07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

A Stolen Life 読み終わりました。。。 

もう「ショック」の一言。 


A Stolen Life: A Memoir
YL = 6 (自己判断)   68,588words

内容が内容だけに、良いとか悪いとかの問題じゃなくて、
現実に起こってしまったこと。。。

1991年、11歳だった少女は見知らぬ男に誘拐。
18年間監禁生活を強いられることに。
初めは涙を見せる事さえ許されず。
太陽の光を見る事も許されず。
ただただ生き抜いていた。

14歳で子どもを産み。16歳で二人目を産み。
なぜかいびつな家族が出来て行く。

個人的に衝撃だったのは、18年間も待ちに待った
実母との再会の時、最初は手放しで喜べなかった心情が。
18年間まともに人と接触していないとこんなにも
かわいそうな精神状態になってしまうものか。
と本当に胸が裂けそうな気持ちになりました。

涙無くてしては読めなかった。
しかもこんなにも被害者となってしまったのに、
かなり前向きな気持ちで書いている様子がまた何とも言えず。

保護監視下に置かれていたはずの加害者なのに、
なぜに周りの大人が18年も経たないと気づかなかったのか。
いや厳密には誰も気づかなかった。。。

自分の愛する物が出来たとき、彼女は逃げてリスクを負うより、
自分の子どもたちを守らなくては。
という気持ちが強くなったのでは、と思います。
だから事件解決までに時間がかかってしまったような気もしますが。

18年間をこの1冊で表す事は出来ないほど、大変だったと。
色々な事を考えさせられる本でした。
読んでいて救いは、被害者が周りの助けを借りながらも
本当の意味での人間としての気持ちを持って立ち直ろうとしている姿。

大人向けの本ですが、英語的にはとても完結で読みやすく、
思いのほか、スラスラ読めました。
原作を読めて良かった!と思いますが、胸にグサリと来る
1冊となりました。

それでは、今日もHappy Reading & Shadowing〜
スポンサーサイト

Category: YL = 6 ~ 7

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret