10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

Main Street シリーズ3巻目、読了♪  


'Tis the Season (Main Street)
YL = 4.7 (自己判断) 40,955words

今回のテーマは、「クリスマス」。
さすが、アメリカですね。
一年で一番のイベントということが伝わってきました。

このイベントのために、みんなで色々な準備をします。
大人への配慮、子どもへの配慮。友達、家族への配慮。
小さな街なので、心温まる物語がありました!

今回、Ruby と Flora が用意したプレゼントに
本がありました。 知っているものもあれば、
知らないものも。 でも有名なんだろうなぁ〜。
ということで、ちょっと調べてみました!

まずは小学校高学年の親友に用意した本、2冊。

1963年のニューベリー賞受賞作品

A Wrinkle in Time (Madeleine L'Engle's Time Quintet)
48,171words

と、The Saturdays という本でした。
こちらのThe Saturdays は、ありふれたタイトルなので、
今の私の力では調べきる事が出来ませんでした。
どなたか知っていたら、教えてください〜

それから未就学児で、サンタをまだまだ信じている、
親友の妹へのプレゼントの絵本、2冊。

1986年コルデコット賞受賞作品

The Polar Express
YL = 1.5 1,050words


A Bear Called Paddington
YL = 5.5 23,122words

個人的には、前に聴き読みした↓の朗読CDが良かったです。


そして親友のお母さんへのプレゼントの本は、

To Kill a Mockingbird
YL = 8 99,000words (SSS書評より)

やはり、伝統的に有名な本が並んだようです。
いずれ実力がついたら読んでみたいですね!

そして、このシリーズは、おばあちゃんが経営する手芸店も
舞台の一つなのですが、同じ手芸店つながりで、
評判の良い、大人向けの物語も読んでみる事にしました。

The Shop on Blossom Street
100,000words  (概算)

51のチャプターからなっているので、
毎日少しずつ区切りながら読んでみようと思います。
どれくらいかかるか分かりませんが、
楽しく読めたらいいなっ♪ と思ってます!

本から本へ〜♪ 多読の世界はどこまでも続く〜

それでは、今日もHappy Reading & Shadowing〜
スポンサーサイト

Category: YL4.0~4.9

tb -- : cm 2   

コメント

The Shop on Blossom Streetは、私の多読ブログの記念すべき第1冊目でした。
とっても良い本ですよ。
楽しんで読めると思います。
私は感激した勢いでLydiaが主人公のシリーズ3冊を続けて読み、今年に入ってシリーズ最後の4冊目を読了しました。
でもです!
1冊目が大ヒットだっただけに、あとの3冊はやや・・・って感じでした(苦笑)。
Debbieは読みやすいので、ペーパーバックデビュー間もない方にお薦めですよ~♪


 

豪州サンディ #iR.QoHJk | URL | 2013/06/03 15:39 [edit]

コメント、ありがとうございます〜!

豪州サンディさん、コメントありがとうございます!

> The Shop on Blossom Streetは、私の多読ブログの記念すべき第1冊目でした。

そうでしたか。先日、4冊目を読み終えた記事はちょっと読んだんですが、
もう一度読みに行きたいと思いつつ、、、
後日、また読みに行きますね!!

> とっても良い本ですよ。
> 楽しんで読めると思います。

大人向けPBの一歩に良い!とあちこちで見かけたので
ちょっと前から、図書館をふらふら探しまわってましたぁ。

> 私は感激した勢いでLydiaが主人公のシリーズ3冊を続けて読み、今年に入ってシリーズ最後の4冊目を読了しました。

このシリーズ、たくさん出ているな。と思っていたら、
主人公ごとに分かれてるんですか! 
Debbieさんの本、シリーズがありすぎて、一生かかっても読めそうにないです(涙)

> でもです!
> 1冊目が大ヒットだっただけに、あとの3冊はやや・・・って感じでした(苦笑)。

そうですか! 1冊だけでも読めたらラッキーって気がしてます。
しかし、冒頭からやっぱり話の内容はもちろん大人ぁ〜な感じだなぁ〜、
なんて一人、児童書との違いを感じていますが、
やっぱり自分と重なる部分もあるので、のんびり楽しんで行こうと思います!

> Debbieは読みやすいので、ペーパーバックデビュー間もない方にお薦めですよ~♪

じっくり味わって行こうと思います〜!
1冊目の報告は、いつになるやら、、、とほほ。

yukaffe #- | URL | 2013/06/03 20:59 [edit]

コメントの投稿

Secret