08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

褒め上手な国です! 

オーストラリアは、6月決算期。今月はなにかとけじめの月なんです。
そんな中、昨日は長男のハイスクールに!!
理由は、朝の全校朝礼で表彰式があるとのこと。
学校から親宛に招待状が届いたのでした♪
とま、なんだかすごいことのように聞こえるような?!

そして日本との違いでいつも思い当たるのはやっぱり、
こちらは「褒め上手」ということでしょうか。

全校生徒の前で学年ごとに結構な人数が褒められました!
評価の対象は、
'respect' 'responsibility' 'personal best'
なんだか勉強じゃない所が、のんびりしてますのぉ〜
と思ったのは、私だけでしょうか??
いや、授業態度、生活態度もやっぱり大事ですよね?!

とはいえ、うちの子は発達障害ということで
特別クラスに所属。 言語と算数の理解度が
考えられないくらい極端に違います。
ま、それ以外にも物の見方、表現の仕方などなど
細か〜〜〜い違いはたくさんあるのですが、、、

でもそんなことを抜きにして、個人個人の能力に応じて
評価してくれるんです。 そこが嬉しいですよね。
成績表には反映されないけれど、でもやっぱり
褒められると嬉しいと思うし、親の私も嬉しいです!

こんなん表彰式だから、親に招待状が来ても
来る親なんてどれくらいいるんだろう??
なんて思ったのですが、いっぱいいました

そして、お年寄りの方も多かった。
もちろんお孫さんの晴れ姿。もあると思いますが、
意外にもガーディアンの方が!
そう、ホームステイをさせて学生を何年も何人も
お世話している方なんかも多いのです。
文化の違いですかねぇ〜^^
血がつながってなくてもやっぱりお世話している子が
褒められるのは嬉しいようで、very proud of him!!
なんて言って自分の子のように自慢してました。

そして、朝礼の後は、別室で表彰された生徒と親に
モーニングティーが振る舞われました。
簡単なカップケーキやチョコケーキなどです。
でも生徒が群がってあっという間になくなり、
私の口には一つだけ入りましたとさ

でもここでも文化の違いを感じましたよ。
だって日本の先生たちってやっぱり保護者に先に!
とか色々しつけのことを良いそうですよね。
こちらは、そこはかなり自由。
しかも褒められた本人は生徒ですからね!

でもうちの子本当に不器用だから、、、
もう少し人生、賢く生きれたらいいのに!
と思うのですが、そこが発達障害でもあり、、、
褒められて嬉しいですが、いつもなんだか複雑な気持ちです。

そんなこんなでまたまた障害について考えることになり、
(ま、頭から離れる事はありませんが、、、)
前々から読みたかった

A Corner of the Universe
YL = 5.5 (自己判断)   41,152 words
読み始めました。

12歳の誕生日を迎えようとするHattie.
ある日突然、精神障害のおじさんが現れるんです。
そんな彼女から見て体験した世界を物語るようです。
こちらは、また読み終わったら報告したいと思います。

もちろん先日公表した、も同時進行で行きますよ!

やっぱり大人ぁ〜な感じですね!
児童書に戻ったら、なんか少し読みやすく感じました。
でも実は、こちらの児童書、何度か開いては、無理かな?
と、何度か閉じていたのです。 でも今回は、行けそうです!
まだ駆け出しですが、ちょっと面白くなってきました。

それでは、今日もHappy Reading & Shadowing〜
スポンサーサイト

Category: 子育て in AUS

tb -- : cm 2   

コメント

表彰おめでとうございまーす!

お兄ちゃん、えらいっ!!


オーストラリアって懐が大きい国だなあ、って
いつも思ってます。
私もほめ上手になろう。

あのう、「『きりん読み』って、何だろう?」と思って
たんですが、自分にとってちょっと背伸びしたぐらいの
レベルの本、ということでしょうか?

yukaffeさんの多読への情熱に感化されて、
私もさらに多読へまっしぐら!というモードに
入ってきました。
yukaffeさんと知り合えてよかった~
今後とも宜しくお願いします。

豪州サンディ #iR.QoHJk | URL | 2013/06/08 09:49 [edit]

Re: タイトルなし

豪州サンディさん、お褒めの言葉、
ありがとうございます。

> オーストラリアって懐が大きい国だなあ、って
> いつも思ってます。
> 私もほめ上手になろう。

ハハ、良く言えば懐が大きいんですね^^;
先日アジア系のお母さんがオージーはのんびりで
プレッシャーをかける子育てはしないのよね。。。と。
家の旦那は、気候のせいだ。って言ってます、とほほ。

> あのう、「『きりん読み』って、何だろう?」と思って
> たんですが、自分にとってちょっと背伸びしたぐらいの
> レベルの本、ということでしょうか?

はい、そうです。 多読用語というか、、、
SSSという古川先生がやっているサイト
http://www.seg.co.jp/sss/
に、基本用語集というページ
http://www.seg.co.jp/sss/information/sss_lingo.html
を見つけたので、良かったら参考にしてください。
色々な楽しい言葉があります!

多読歴が長い方は、色々とおもしろい工夫があって、
ヒストリカルロマンスが好きな方は、
未訳の物は、英語で読んで、
翻訳の出ている巻は日本語でスピードアップ!
なんて方もいるんです。

> yukaffeさんの多読への情熱に感化されて、
> 私もさらに多読へまっしぐら!というモードに
> 入ってきました。

そうですか〜!! 嬉しいです!!
けど、普通、PBを読めるようになりたくて多読の世界に
入るんですよ。豪州サンディさんは逆なパターン。。。
逆に羨ましいですが、本の世界は広〜いので
英語の勉強のつもりで始めた多読が
本の魅力に取り憑かれ、他の方と情報を共有したり、
感動を分かち合えるのは嬉しい事です!!

> yukaffeさんと知り合えてよかった~
> 今後とも宜しくお願いします。

そう言って頂けると嬉しいです。
まだまだ豪州サンディさんの足元にも及びませんが、
こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

yukaffe #- | URL | 2013/06/08 14:28 [edit]

コメントの投稿

Secret