07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

初! の Boxcar Children ♪ 

前々からBoxcar Childrenシリーズが読みたかったのですが、
イギリスよりのこちらでは、Famous Fiveの方が有名で
あまり見かけません。

ところが先日 のオーディオブックを手にしたので
iPhone に入れて移動中などに聴いてみました。


Bus Station Mystery (The Boxcar Children)

全部で11のチャプター。総時間、約2時間。
聴き始めた最初の印象は、「教科書の英語を聴いているみたい」
と感じました。 う〜〜〜ん、なんか面白みに欠けるような??

ところが、行き戻りつ物語がわかってきたら結構楽しくなってきました!
今回は、本がないので、正確に一つ一つの単語などを
確認する事は出来ませんが、なんとか一通り楽しみました♪

そして、結末がわかった今、また最初に戻って聴き始めると
全然違って聴こえて来て、さらに楽しい感じです!

聴く方が苦手、苦手と思ってましたが、
これも少しずつ量を増やして行くと更に楽しみが増えそうです!!

SSS書評によるレベルと総語数。

Bus Station Mystery (Boxcar Children Mysteries)
YL = 3.5 17,759words

Famous Five は、冒険的要素が大きく、
Boxcar Children は、ミステリー的要素が大きい気がします。
どちらが好きかは好みの差だと思います。

今回の物語は、アメリカのちょっとした田舎が舞台。
工場からでる廃棄物が環境を汚染しているなど、
昔に書かれた物語の割には、今でも普通にあり得る話し。

3話1つに入ったコレクションもあるようです。



こちらとは別に、1話5分ほどのUmano もアプリが入っているので、
毎日、毎日新しい話題を提供してくれます。
といっても聞きたい時だけ

先日、アプリの人気に関する記事があったので
ちょっと聞いてみました。kindleアプリは、2位!

オーディオブックとの違いは、スピードと滑らかさ??
ニュース英語なのでスピードは速く聴こえます。
ネイティブには普通なんだと思いますが、、、
でもこちらも内容は、だいたい理解できていると思います。
必要なら文字ですべてを確かめられますが、あの小さい某体で
読むのはと〜っても疲れるので、あまりしません。

どんどん聴いて、どんどん吸収できるよう、オーディオ類も
もっともっと活用して行こうと思います!

それでは、今日もHappy Reading & Shadowing〜
スポンサーサイト

Category: YL3.0~3.9

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret