09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

No Talking 読みました♪ 

Andrew Clements の学園ストーリ


No Talking
YL = 4.3 23,704words

主人公は、小学校5年生。
Dave は、インドのことを調べているうちに、
ガンジーに興味を持ちます。

そして彼の印象に残った文は、、、

For many years, one day each week
Gandhi did not speak at all. Gandhi
believed this was a way to bring
order to his mind. (P. 8 より引用)

そう、この言葉でやってみたくなったのです!
がまん大会?! 対決は、男子 対 女子 !!
学年全体を巻き込んでの対決に発展します。
いや、先生たちをも巻き込んでしまうのです。

いやぁ〜、発想が楽しかったな!
小4くらいから、男の子、女の子。とかなり意識が出て来て、
お互いがしゃべらなくなってくるのよね。
と、以前の担任の先生から聞いた事があったので、
尚更、楽しく感じちゃいました?!

そして、さすが Andrew Clements !!
というストーリー展開だったと思います。
しかし、自分が小学生の頃もみんなで悪ふざけはしたと思いますが、
こんな大掛かりなことは考えた事なかったなぁ〜。 すごい!

今までのAndrew Clements の中でも割と読みやすかった!
と思います。 でも一番は、やっぱり代表作のかな。



にも児童書のコーナーに Frindle の紹介があります。
そして、「もっと読みたい人には、、、」の紹介欄に
クレメンツの他の本の紹介が4冊もあるんです!
まだその4冊のうち1冊しか読んでない

まだまだがんばって読みたいと思います!!

それでは、今日もHappy Reading & Shadowing〜
スポンサーサイト

Category: YL4.0~4.9

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。