06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

北イタリアの昔話、絵本♪ 

黒い鳥がなんだか印象的なトミーさんの絵本、
読みました


Days of the Blackbird
YL = 1.7 (自己判断) 1,434words

なんとなく、黒いカラスって良い印象ないですよね
恐る恐る?!読んでみると、全然違いました!

タイトルの下に小さく、
A Tale of Northern Italy
とあるのですが、元々は北イタリアに伝わるお話を
トミーさん流にアレンジした絵本となったようです。

昔、誰からも信頼される公爵が北イタリアに
娘のGemmaと住んでいました。
彼らの住む庭には暖かくなると
鳥たちがやって来て歌ってくれます。
カラフルな鳥たちが、カラフルな音を奏でてくれます。

しかし冬になると雪が降り、寒くなるので
居なくなってしまいます。
暖かくなるのが待ち遠しい二人。

ところがある日、公爵が病いに倒れてしまいます。
Gemmaは、冬になっても食べる物を用意するから
ここに居て、歌ってほしいと鳥たちに頼みます。
そして残ってくれたのは、白いハト。

白いハトは一番寒い1月の最後の3日は、
暖をとるためにえんとつの上で過ごします。
と、、、

そう、表紙のイラストは、カラスではなく、
白いハトが黒くなったのでした。

素敵な昔話にトミーさんテイストが加わった
素敵な絵本でした

それでは、今日もHappy Reading & Shadowing〜
スポンサーサイト

Category: YL1.5~1.9

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret