09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

The Wanderer 読了♪ 

2001年ニューベリーオナー賞受賞作品


The Wanderer
YL = 5  39,546words

13歳の少女、Sophie とおじさん、いとこたち、
6人でおじいさん、Bompie を訪ねる航海物語。

船の中で起こる6人の些細なこと。
本当は知らないはずのおじいさんの昔の事を
知っているかのように上手に語る、Sophie。

おじさん3人の個性と、いとこにあたるBrian, Cody
の性格が大きく違うところがまた、
物語を楽しませてくれたと思います。

Walk Two Moons ほど最後に大きな種明かしはなかったけれど、
Sophie と Cody で語られる航海日誌は、
それぞれの視点から短い言葉で物語っており、
とても良かった! 書き手が変わるとチャプター、フォント、
ともに変わるのでとても分かりやすかったと思います。

実は、以前にどれから読もうかとあちこち下調べをした事が。
ほとんどの書評が、やはり Walk Two Moons が一押し!
というように思えました。
受賞メダルにも差があるので歴然かな?
と思ってました。

ところが、、、

には、なんと!! 
Walk Two Moons でも Ruby Holler
(どちらも金メダル作品)
でもなくて、The Wanderer だったのです。

いずれ読むつもりではいましたが、
先に評判の良い方から読みたくなって
今回は、後回しにされてしまいましたが、
読んでとても良かったです!!

この3冊、どれも主人公は事情があって親とは一緒にいない
子供たちの、ある意味、冒険物語。
内容の印象は読み手によって、どれだけ登場人物に
感情移入できるかで変わると思います。

私は、今回のCody と Brianの個性がちょっと好きです。
鳥や海に語りかけて、ちょっと幻想的な性格のCody。
何でもリストにして、きっちり計画通りにしたいBrian。
ちょっと脇役の二人をとても気に入りました。
そして、航海物語という点も最近、親子でセーリングに
通っているので身近に感じられて、気に入りました。

Walk Two Moonsのネイティブインディアンの神秘的な部分、
主人公のSalamancaの冒険もそれはそれで楽しんだので、
私的には、どちらもおすすめ

英語レベルも人それぞれに感じ方が違いますが、
個人的観点からの多読的、英語レベル的には、

の順に読む事をお勧めしたいと思います!

それでは、今日もHappy Reading & Shadowing〜
スポンサーサイト

Category: YL = 5

tb -- : cm 2   

コメント

yukaffeさん、おひさしぶりです。
相変わらず沢山読んでますね!
ルース オゼキさんの新刊、図書館で順番待ちです。
楽しみです。

かおり #4kFlAVwc | URL | 2013/10/10 05:22 [edit]

Re: タイトルなし

> yukaffeさん、おひさしぶりです。

来てくださって、ありがとうございます!

> 相変わらず沢山読んでますね!

相変わらず、児童書ばかりです、、、^^;

> ルース オゼキさんの新刊、図書館で順番待ちです。
> 楽しみです。

お〜、また感想を楽しみにしてます!
Happy Reading 〜♪

yukaffe #- | URL | 2013/10/11 10:04 [edit]

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。