08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

The Report Cards 読了♪ 

成績表から始まる物語。


The Report Card
YL = 4.2 (自己判断) 31,001words

大人も子供も学力テストの結果だけに振り回されている!
と感じている小5の天才少女、Nora の物語。
親友のStephenと一緒に学校に、先生に!
ある計画を立てて、疑問を投げかけます。

ちょっと心に残った箇所を引用。(p. 27)
School was suddenly all about the competition,
and grades were how you could tell the winners from losers.
Every assignment and quiz became a contest.

そう天才少女 Nora には、学力テストも勝ち負けを
大人が判断するための材料でしかない。
と写っていたんですね。
そして、わざと取った成績が表紙のイラストです。

そこから、家族のこと、学校のこと、などなど。
彼女からの疑問の視線が物語でした。

クレメンツ流の大人と子供への疑問定義が今回も!!
とても楽しく読めました!

The Landry News よりは少し易し目に感じました。
そして、話題としては、About Averageの反対を行く?!
という風に感じました。

最後にふと、なんとなく、GRとの比較が頭をよぎりました。
というのま、GRは語数制限されているから、とても読みやすい。
その後、対象年齢が低めの児童書を読んだが、意外と難しい!
と聞く事が多いので、児童書移行の作品としては、
Andrew Clements、おすすめかも!と


学校生活からの問題提起が多いので、あまり崩れた形の
話し言葉は出てこず、いいのでは?!と思いました。たぶん
それでは、今日もHappy Reading & Shadowing〜
スポンサーサイト

Category: YL4.0~4.9

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret