06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

ゾロトウさん、追悼☆ 

数々の絵本を手がけた児童作家のゾロトウさん。
先月、2013年11月19日に98歳で他界されました。
勝手に追悼特集?!という訳ではないですが、
色々手に入るだけの絵本を読んでみました。
といっても、、、本当にわずかな数なんだと思います。
ちょっと長くなってしまったので、興味に合わせて、どうぞ〜♪

色々な絵本があり、毎回、イラストレーターさんが違う!んです。
それぞれの雰囲気がとても良く、良い意味で違って
表されていると思います。

まずは、代表作。たぶん一番有名な、、、
1963年 コルデコットオナー受賞作品

Mr. Rabbit and the Lovely Present
YL = 1.0 790words

お母さんの誕生日プレゼントは何にしようかしら〜?
と、ウサギさんに相談する女の子の物語。
イラストは、有名な Maurice Sendak !!
コルデコットなので、イラストレーターさんへの評価かな。

次にこちらも受賞作品。
1953年 コルデコットオナー受賞作品

The Storm Book
YL = 2.0 1,164words

ある田舎の暑〜い1日から始まる素朴な物語。
穏やかな場所も天気が変わると、様子も変わります。

文字だけで様子を描き、ページをめくるとその様子が
イラストで!! 文字とイラストが別々の絵本。
お天気一つでこんなにもお話が進むんだ!
というある意味、神秘的な絵本でした。

イラストレーターさんは、と一緒!
Margaret Bloy Graham さん。


次は、、、

I Know a Lady
YL = 0.5 220words

近所に住む一人暮らしのおばあちゃんのお話。
どこにでもある日常の様子を描いたお話。

イラストレーターは、先日紹介した、
The Mud Flat Mystery のJames Stevenson さん。
ほのぼのしたお話とイラストで、ほのぼの〜。
のんびりした時間が流れています

そして、受賞メダルはないけど、と〜っても古い、
初版は、なんと1944年の絵本!

The Park Book
YL = 1.5 1,313words

こちら、公園の1日の様子を公園中心に描いた本。
何気ない公園、でも意外と色々なことが起こってる?!
いや、なかなかこちらもほのぼの、いい感じでした♪

更に、イラストレーターさんが!

でお馴染みの、 H.A. Rey さん。
残念ながら古すぎて、日本のアマゾンさんでは
既に表紙が出てこないのです。なので、リンクはアメリカへ。
といってもアメリカも中古のみのようです。
私がお借りした図書館の絵本も、普段は人目につかない
棚に大事にしまってあり、頼んで出してもらいました。
図書館が購入したのが、1972年。ISBNも見つからないような
貴重な貴重な絵本のような気がします。

そして、、、

When the Wind Stops (Picture Book Ser.)
YL = 1 549words

風は、、、波は、どこへ行っちゃうの〜??
というような、子供が抱く、ふつーの疑問を
素敵な絵本で!

実は、私が読んだのは、のイラストではなくて、

表紙はカラーですが、中はえんぴつで描いたような
白黒のとても素敵なイラストでした!

それから、お嫁に行っちゃったお姉ちゃんが
ちょっと帰って来た日の出来事を妹からみた物語。

May I visit? (Ursula Nordstrom Book)
YL = 1 289words
日本語版は、



何かが起こりそうな、、、?!

Something Is Going to Happen
YL = 1 760words
始まりはいつもと一緒、、、でも終わりがとても素敵な
感じの絵本でした。 イラストも水彩画のような感じ!

最後は、写真絵本。

The Moon Was the Best
YL = 1.2 477words
場所は、パリ。ページいっぱいの素敵な写真♪

今回、色々調べていたら、The Charlotte Zolotow Award
なんていうのもあるんですね! 

いやぁ〜、まだまだあるのは分かっているのですが、
今回は、ここまで。またチャンスがあれば!
それにしても、有名なイラストレーターさんがボロボロ。
こんなに出てくるとは、思いませんでした。

長い年月が経っても色褪せた感じはなく、
逆にとても癒された素敵な絵本たちでした!
あ、邦訳された絵本もたくさんあるので、是非是非、
探してみてください!

それでは、今日もHappy Reading & Shadowing〜
スポンサーサイト

Category: YL1.5~1.9

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret