03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

Love, Aubrey 読了♪ 


Love, Aubrey
YL = 5 (自己判断)   50,164words

物語は、Aubrey という少女が家に3日間、1人取り残された、、、
ところから始まります。 
最初は、自由な1人を楽しんでいるのですが、
しばらくすると、遠くに住むおばあちゃんが来て、彼女は引き取られて行きます。
Aubrey 、11歳。

すべてがベールに包まれた状態から始まる物語。
え?? どうして? で、どうなるの?? どうなっちゃう訳??
みたいな感じで、どんどん読みたくなって、
気がついたら2日で読み終わりました。

もっともっと書きたい事たくさんなんですが、
ネタバレしないで書く、、、ってとっても難しい

ということで、あちこちの書評を! まずは、
amazon.com の評価は、90件ほどあり、ほとんどが5つです。
Goodreads の書評は、4千人近くがレーティングして、
4つ以上です!!

そして、tadoku 仲間の TWさんが紹介してくれた
の邦訳版には、少しあらすじなどがあります。


上記のサイトに日本語で冒頭のあらすじが少し書かれていますが、
これらの内容は、少しずつ、少しずつ、分かって行くんです。
しかもAubreyの立場からだけのことで、どこかにいるはずの
お母さんの事は、一切分からない状態なんです。
そして、彼女の家庭で起きた重大な事故の事も、少しずつ少しずつ、
明らかになっていく状態でした。

なので、読者の立場からすると、え?子供だけ残して??
いくら傷ついたといっても自分の子を残して、母親がどこへ行くの??
で、急におばあちゃんが現れて、Aubrey 、素直に付いて行っちゃうの??

と、、、だから、最初は読者の知りたい!が強くて、あまり泣いている暇は
ないんだけど、中盤以降、特に私には、お父さんへ書いた手紙から、
かなり、ぐっとくるものがあって、泣けてきます。

そして、最後は、どうやってこれを解決するの??
結局、Aubrey は、また引き離されて!!
一番の犠牲は、やっぱり子供?? と、思えてくるんですが、
最後の終わり方が、良かったです!!

いや、基本的には、ハッピーエンドはない物語だけど、
私としては、納得のいく終わり方で良かった!!
読後は、すっきり!爽やかです最後まで読んで良かったぁ〜

そして、嬉しい事に英語的にもとっても読みやすかったです!!
内容的には中学生、高校生くらいかもしれませんが、
英語的には小学生でもOKなんじゃないかと思えるくらい、
難しい単語はあまりなく、あっという間に進んじゃいました。

Aubrey を支える登場人物のそれぞれもとても良くて、
家族、人間関係について、とっても考えさせられる物語でした。
あ、それから一つだけ気になった事が、邦訳。
物語の中に、Aubrey が新しい学校の男の子に 'Audrey' と
名前を間違えて呼ばれるシーンがあります。
彼女は、特に訂正せず、d じゃなくて、反対向きなんだよね^^;
みたいなくだりがあるんです。これ、どうやって日本語にしたんだろっ?!
オードリーと間違える所に意義があるような??
だって、有名なオードリーヘップバーンとか居るから、
間違えるんじゃないの??と勝手に想像したりして

いやぁ〜、本当に良い本を紹介してもらえて良かった!
年明け早々、ハッピーリーディングです

それでは、今年もHappy Reading & Shadowing〜
スポンサーサイト

Category: YL = 5

tb -- : cm 7   

コメント

私も読みたくなりました

今頃になってようやく、ブログページの一番下にある
cmというのがコメントの意味だと気付きました(^_^;)

Love, Aubrey、よさげですね~
yukaffeさんのブログ読んでると、読みたい本が増えて困る~!(笑)

bとdで反対向き、というくだり、日本語訳には反映されてないんじゃーないかなと思います。今度、図書館で見つけたら確認してみますね♪

MIKI #- | URL | 2014/01/03 10:25 [edit]

Re: 私も読みたくなりました

MIKIさん、コメントありがとうございます。

> Love, Aubrey、よさげですね~
> yukaffeさんのブログ読んでると、読みたい本が増えて困る~!(笑)

いやいや、私も一緒です(汗ww

> bとdで反対向き、というくだり、日本語訳には反映されてないんじゃーないかなと思います。今度、図書館で見つけたら確認してみますね♪

今度おしゃべり会でTWさんにお会いできたら、聞いてみようかと^^;
図書館で借りてもらって、お時間とらせても悪いので気にしないでください〜!

次男は、ドラゴンボールとポケモンのマンガばっかりなんですが、
意味はちょっと違うけど、うまく訳されてるなぁ〜なんて、
思う事がしばしばなんで。プロはうまく出来るんだと思います〜。

それでは、Happy Reading 〜♪

yukaffe #- | URL | 2014/01/03 14:31 [edit]

今日、図書館に行ったので

ついでに日本語版を借りてきました。

で、パラパラめくっていたら、たぶん、yukaffeさんが
話題にしていたところじゃないかな?と思われる箇所が
見つかりましたよ~。

12章が始まってすぐあたりですよね?
男の子の名前は、マーカスですか?

MIKI #- | URL | 2014/01/06 00:12 [edit]

Re: 今日、図書館に行ったので

MIKI さん、コメントありがとうございます!
& 早速、図書館で借りて来てくれて、早っ!
ダブル、ありがとうございますm(_ _)m

> ついでに日本語版を借りてきました。
>
> で、パラパラめくっていたら、たぶん、yukaffeさんが
> 話題にしていたところじゃないかな?と思われる箇所が
> 見つかりましたよ~。
>
> 12章が始まってすぐあたりですよね?
> 男の子の名前は、マーカスですか?

は〜い!! まさに、そこです。
マーカス君が、部屋から出て、オーブリーとあって、
彼女の名前を呼ぶ所です。が、、、「オードリー」と。

と、邦訳版がなっているかは、知りませんが^^; とほほ。
どんな感じですか? って MIKI さん、そこまで読んだんですか?
それとも、ぱらぱらっとでそこに気づいた??

どちらにしても、早速、行動してくれて、ありがとうございますm(_ _)m
ぎゃ、次のお返事もお願いします〜!!ペコリ。

yukaffe #- | URL | 2014/01/06 06:10 [edit]

Re: Re: 今日、図書館に行ったので

MIKI さん、コメント書いた後に、もう一度良く見たら、
ご指摘の所には、名前を呼び間違えるけど、d と b のことは、無かったみたい。
あれ??  ということで、もう一度、読み直してきます。
ごめんなさい。。。

yukaffe #- | URL | 2014/01/06 06:18 [edit]

読んでみたんですが、、、><

12章の初めで、名前を 'Audrey' とマーカスが間違えて、
Audrey は、ただ訂正せず。としか、無かった。。。(汗
<原文>
I didn't correct him on my name as he shoved a handful of M&M's into his mouth.

で、その章の最後まで読んでみたら、、、
食堂でマーカスの席の隣へ、、、
<原文>
He looked at me carefully. 'Au-Bree.'
I nodded to show he got it right.

ぎゃーー、どこにもない、、、?!
飛ばし読みならぬ、瞑想読み?? 
もう少し先も読み直してみようと思うけど、?!
やっぱり読みながら、ポストイットでも貼ってかないと駄目ね。
大抵、長い物を読む時はやるんだけど、今回は、思い切って?!
やらなかったのよね。 やれば良かった、、、><

MIKI さん、こんな変な事につき合わせて、ごめんなさい。
また何か発見したら、書き込みます〜。 ペコリ

yukaffe #- | URL | 2014/01/06 12:16 [edit]

瞑想読み

あはは!
いいんですよー!気にしないでくださいね。

いつか、私がこの本を読むときか、yukaffeさんが再読するときに、
その箇所が見つかったら、お互い報告しあいっこしましょうね(^^)

MIKI #- | URL | 2014/01/06 20:08 [edit]

コメントの投稿

Secret