03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

Ottoline シリーズ、読みました♪ 

イラストがとっても素敵な Chris Riddel の児童書。
Ottoline という少女が主役の物語
先月から、ポツポツ読んでました。

1巻目、

Ottoline and the Yellow Cat
YL = 3.5 4,106words

2巻目、

Ottoline Goes to School
YL = 3.5 4,960words

3巻目、

Ottoline at Sea
YL = 3.5 4,500words

どれも本の表紙の少女、Ottoline と
同居人の Mr. Munroe のゆかいな物語。

それぞれにテーマはあるのですが、お話自体は難しくなく、
あらすじだけを見たら、一言ずつで済んでしまう感じなのですが、
登場人物があり得ない架空の人たちで、、、
彼女が身につけているもの、身の回りにあるものなどが、
なんともあり得なくて、そのための説明とイラストがたくさん!!
という感じです。

こちらの作者、先日、発表になったイギリスの文学賞、
2013年 児童書部門 コスタ賞に選ばれた作家さん。
受賞作品は、Goth Girl

その他にも、Fortunately, the Milk ... のイギリス版の
イラストを担当した方です。

とにかくイラストが細かくて、と〜ってもきれいです。
読むのに時間がかかるというより、イラストを眺めている時間が多いい、
ちょっと嬉しいような、楽しいような本です。

そして、紹介した児童書、どれもちょっとした仕掛けがあるんです。
例えば、1巻目には、一番後ろにポストカードが付いていたり、
3巻目は不思議にメガネが入っていて、ちゃんとした所で使うと、
絵が浮き出てくる=3D ディコーダになっているんです。

実は、次男に何気なく借りて来たシリーズがディコーダ付きで、
私は読んでないのですが、彼はとっても気に入って、
何冊か読んでいます。
 

今日紹介の児童書たちは、紙本ならではの工夫がしてある、
素敵な、楽しい児童書たちでした!!
まだまだ色々なタイプの本に出会うもんだなぁ〜とちょっと感心しながら、、、

今日もHappy Reading & Shadowing〜
スポンサーサイト

Category: YL3.0~3.9

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret