10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

Hope was Here 読了♪ 

2001年 ニューベリーオナー賞受賞作品


Hope Was Here
YL = 6.2 (自己判断) 42,151words

未熟児で生まれ、普通に息をする事も困難で、
医師ですらもう駄目だと、、、思っていた。
母は自分で責任を負えなくなり、姉に私を預けて去って行った。

この世に生まれてから、3回しか実母に会ったことがない。
5、8、13才の誕生日。
いつも違うヘアカラーで会いに来て、
「あなたを姉のAddieに預けて行った事は、今まで私があなたに出来た
最善の事だった。」と、言う。

こんなことが一番最初のページに書かれていて、いきなりパンチを
食らってから読み始めた感じ。

ところが、、、この主人公の少女。とってもいい子なの!!
見捨てられたから、ひねくれて、非行に走るお話しかと思ったら、
全然違った

自分で自分の人生を、自分なりに切り開いて行く。
そして、おばさんを本当の親のように信頼し、
時には、同僚として尊敬しながら。

自分の仕事を誇りに思っている、母。
そんな母親の仕事に対する姿勢を尊敬している私、Hope。
母が仕事に対する姿勢を娘に話した、その話しを大事に
ノートに書き留めておいて、忠実に実行しているHope。

最初は、暗い話しに行くのかと思ったら、全然違って、
とっても良かった!! 何が良かったって、人間関係。
持ちつ持たれつの関係。大人も子供も関係なく、
対等に信頼関係が少しずつ気づかれて行く様子など。

ヤングアダルトだけあって、内容的にも小学生向きでは
見かけた事がない、選挙の話しが出て来たりして、
英語的にもちょっと難しい部分もあったけど、
物語的にはとっても良かったので、満足!!
状況、場面設定がとっても良かったと思います。

日本のアマゾンにはレビューが無いのですが、
アメリカのアマゾンのレビューはたくさんあって評判が良かったので、
リンク先を貼っておきますので、興味のある方はどうぞ〜♪

Amazon.com reviews

そして、邦訳版も評判が良さそうなので、是非!


原書と日本語版だと表紙も全然違って、違う本の様。。。
でも物語を読み終えた今、どちらもなかなか、いいかも?!


しかしこの年のニュベリーオナー、意外と読んでいたのに、
こちらは気づかなかった
どれもお勧め!良い年だったんだなぁ〜、なんて思ってました。
ちなみに、 のがありました!
Because of Winn-Dixie
The Wanderer
A Corner of Universe

今回のこの本の出会いは、実は、同じ作者さんの違う本を
教えてもらったんです。で、図書館に行ったら、何冊もあって。
うん?もしかして、シリーズ? とか、色々考えたら、わからなくて、
とりあえず、お持ち帰りして来て、じっくりゆっくり
色々と眺めておりました。 で、大好きなニューベリーオナー&
良い評判を聞いたので、こちらから読んじゃいました。

ちなみに紹介頂いた本は、


原書は、


読みたい本がありすぎて、いつ読めるか???ですが、
こちらも手元にあるので、読みたいと思ってます!
(宣言したから、読まねば?!

それでは、今日もHappy Reading & Shadowing〜
スポンサーサイト

Category: YL = 6 ~ 7

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret