03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

The Butterfly Lion 読了♪ 


The Butterfly Lion
YL = 4 14,237words

学校から抜け出した男の子が出会ったおばあちゃんが
物語ってくれる、アフリカの少年、Bertieの話し。
物語の中で物語を語ってくれる、素敵な本でした。

アフリカの農家の家に生まれた Bertie。
大自然に囲まれた場所で生まれたので、
両親は動物の危険から守るため、家の周りにフェンスを建てる。

しかし、ある日、彼は動物たちが集まってくる水飲み場へ。
たまたま親子で来ていたライオンを見かけるのです。
しかも、子供のライオンは白い!

両親に話しをするも、信じてもらえず。
でもその日からBertieは、ずっとその白いライオンを探し続けます。
そして、ある日、再会できるのです。

それから両親を説得して、白いライオンと一緒に生活するになるBertie。
でもBertie、ライオンの成長とともに、その生活も限界が。
そこから起こる数々の物語。

戦時中の事も語られているので、ちょっと悲しく思う部分もありますが、
それから、どうなったんだろう、、、と、先を読まずにはいられなくなり、
あっという間に読み終わりました。

こちら多読仲間でも最近、読んだ方が数名。
みなさん、本も良かったけど、音源が良かった!!
と、太鼓判なんです。 

理由が分かりました! ご本人が朗読しているとのことでした。
今回の物語の音源は見つけられなかった私なのですが、
ご本人朗読の物は聴いた事があるので、ピンと来ました。
評判が良い訳が分かりました。

そして、たまたまアマゾンで見つけたのが、

The Butterfly Lion (Collector’s Edition)

Kindle バージョンなんですが、音声/動画付きのようです。
動画の部分は、物語のイラストが動画になっている物なのか、
別にコチラ用に付け足された物か分かりませんが、
本と音源を別々に揃えるよりは、ずーーっとお得だと思います!

それでは、今日もHappy Reading & Shadowing〜
スポンサーサイト

Category: YL4.0~4.9

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret