07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

「猫を抱いて像と泳ぐ」読了♪ 

今日は、和書のお話。
読んだのは、小川洋子さんの



チェスがこんなにも芸術的に描かれていて感動しました!
そして、主人公のリトル•アニョーヒン。
唇が閉じたままで生まれてきました。

彼のおばあちゃんは、きっと神様が口を開けてくれるのを忘れたのよ。
でもその分、何か違う才能を植え付けてくれた筈!と。

両親が亡くなってしまったので、弟と二人、祖父と祖母に引き取られます。
でもこの4人家族のバランスがまたいい感じ。

チェスが話題でしたが、あちこちの書評で、
チェスがわからなくても、大丈夫!とありました。
私は子供たちに教わって知っていたので、
より楽しめたと思います。

で、なぜに和書を読んだか? というと、
小川洋子さんの英訳本、こちらでも人気です。
何冊かあるので、読みたいとは思っていたのですが、
まだ実力的にね。。。

と、思ったら、さすが移民の国!
最近図書館では、日本語ならず、いろんな言語の本があるのです。
必ずしも読みたい本があるわけではないし、一番近くの図書館は、
どうやら1ヶ月ごとに他の図書館とぐるぐる交換しているようです。
でも、今回はこちらの本に出会えたので、読んでみました。

久しぶりの和書、というか、あまり日本語の本も読んで来ていない私。
英語の分からない単語どころじゃなく、読めない漢字が、、、
ま、常用漢字じゃない!から、許してぇ〜。ってな。
それこそ飛ばしよみ?適当読み??とも思ったのですが、
漢和辞典で調べたりしました。 とほほ。

いずれは、彼女の代表作とも言える、
 
は、読みたいです!!

それでは、今日もHappy Reading & Shadowing〜
スポンサーサイト

Category: 和書

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret