04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

The Wreck of the Zanzibar 読了♪ 

すっかりはまっている、Michael Morpurgoの児童書です。

The Wreck of the Zanzibar
YL = 4 (自己判断) 12,983words

海に囲まれた、小さな、ちいさな島での物語。
100歳になる Great-Aunt Laura が亡くなり、
お葬式に出る為にボートで彼女の島へ。

親戚が集まるお葬式で、おじさんのWillから渡された物は、
Laura の日記とペインティングだった

最初の数ページは、Laura の日記を手にする Michael の事が少し。
そして、その後、物語は、Laura の日記へ。
しかし、日記の部分に入ったとたんに前章の部分は、
私の頭からすっかり消えた。 繋がりもよく見えてなかったからだと思いますが。
そして、、、Laura の世界にど〜っぷり入っちゃいましたぁ〜

いやぁ〜〜、またまたMorpurgoの世界に魅了されました
難しい言い回しで説明するのではなく、なんか余韻の残る言い回しで、
心にじ〜〜〜んと、染みる表現。
そして、彼の世界ならではの動物との感動物語。

ネットで調べたら、無料で全ページ読める所があったので、
リンクを貼っておきます。  e-reader リンク先
是非是非、機会があったら読んでみてください。

リンク先はフリーで、文字のみですが、私の読んだ本は、挿絵入りです。
鉛筆描きの情緒ある、イラストが、ちょこちょこっと入っておりました。
そして、文字の大きさ、行間の取り方など、本には本の魅力が
いっぱいあったと思います!!

私は海や船にまつわる物語が好きです。
今回の物語に少し、船の用語に関する単語があります。
ちょっと気になる方は辞書を引いても良いと思いますが、
いくら日本語に訳しても分からない部分はあるかも知れないです。
あ、船の部品、ある部分の名前かな?ぐらいでも
物語を読み解く上ではあまり問題なかったと思います。

それでは、今日もHappy Reading & Shadowing〜
スポンサーサイト

Category: YL4.0~4.9

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。