03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

Waiting for the Magic 読了♪ 

Patricia Maclachlanさんの犬物語♪


Waiting for the Magic
YL = 3.5 (自己判断) 12,490words

シェルターから引き取った犬たちと家族の物語!

以前に読んだ彼女の児童書で、こちらの本の紹介があったので、
前々から読みたかった1冊!

さすがのストリーテラーということで、またまた
心温まる素敵な物語でした。

関連の過去記事は、こちら

過去記事を読むと分かるのですが、こちらの物語は、
著者の娘さんがシェルターから引き取った犬がモデル。
とあったので、てっきり焦点は1ぴきの犬と家族。
かと思っていたのですが、全然違いました

こちらの物語では、シェルターから犬4匹と猫1匹を、
ママがいきなり引き取るところから始まるのです!
とほほ。いきなり大胆ですねぇ〜

今回の目玉は、犬もおしゃべりしてくれます!
それを本の中で上手に表現してあって、さすがです!!

わんちゃんたちの会話もあるので、多読的にもとっても読みやすいですよ!
なんせ、みんな簡単な言葉しか話しませんからね。

ということで、レベルも3にしても良いくらいなのですが、
現地の対象年齢は、8歳からなので、たまのたまに、、、
ちょっと難しい単語があるのかも?! と思い、3.5 と
気持ち、持ち上げてみました。 

短い総語数でチャプター20なので、細切れに読むにも最適!
最後に心温まる結末で読後感も

それでは、今日もHappy Reading & Shadowing〜
スポンサーサイト

Category: YL3.0~3.9

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret