10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

Out of the Ashes 読了♪ 


Out of the Ashes
YL = 3  14,000words

2001年イギリスの農家を襲った、口蹄疫。
家畜農家の家族の Becky。
13歳の少女が誕生プレゼントにお父さんからもらった
大切な日記に出来事と思いをつづった物語。

形式は、日記調です。
年始に毎日日記をつけると決めるのですが、
あまり変化のない毎日で最初の方は、10日に一度くらいの日記。

それが、、、
始めは遠い所での出来事が、だんだん迫ってくる様子。
家族の緊迫して行く様子などが綴られています。

1日の日記は、3〜5ページくらいの量が多く、
ほとんど1日の終わりにイラストがつきます。
たまにイラストを描く元気は無いから、お休み。。。
という悲しい日もありますが。

総語数は、どこを調べても正確には分からず、
唯一情報があったのは、SSS レビュー
なので、14,000語とカウントしましたが、
難しい児童書を読んだ後だったからなのか、
半分くらいなのでは? と思えるくらい、あっという間に
読み終わってしまいました。

口蹄疫の被害が沈下するまでの3ヶ月弱の様子が日記形式で
語られていますが、その後、、、
ということで、簡単にまとめられている部分があります。
児童書としては、ここも良かったと思います。

そして、邦訳もありました!


タイトルも表紙も雰囲気が全然違いますが、
読めば納得の邦訳だと思います!

原書は、2001年なのですが、
上記の表紙は、2012年版です。
主人公の少女のイメージとしてこのような表紙になったのかな、
と思っていたのですが、本の裏にモデルさんの名前がありました。
Lea Morpurgo。著者のお孫さんの1人のようです。

いやぁ〜、英語は難しくなく、内容的には胸にず〜んと来る。
とても良い本に巡り会えました〜
今回は、みなさんにおすすめです。

それでは、今日もHappy Reading & Shadowing〜
スポンサーサイト

Category: YL3.0~3.9

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret