04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

Messenger 読了♪ 


Messenger
YL = 5  36,627words

Matty という少年を中心に描かれた物語。
このMattyは、前作、Gathering Blueに登場します。
そして、前作の主人公、Kira のお父さんとMatty は共に暮らしています。

彼らの暮らすコミュニティーもまた前作とは違った
独特の世界を描いていました。

前半は、彼らの暮らしぶりなどが主で、途中、
Matty が共に暮らしているのは、Kiraの父親であること等がわかり、
話しはどんどん動き始め、先が気になり、、、
読むスピードが上がったように思います。

しかし前作のGathering Blueではあまり感じなかったのですが、
この3作目は、前作からの登場人物のつながりが色々あり、
かなり忘れかけていたので、途中、2作目をオーディオで聴いたり、
あちこち、ふらふらしながら読んでいました。

1作目のThe Giverを読んだのは、4月。
かなり間があいてしまったので、次の4作目に行く時は、
1作目からおさらいして(再読)して、
4作目に入りたいと思います。

きっと再読なら、1度目よりはすらすら読めるし、
一度目に気づかなかった気づきもあちこちあるだろうし。
まとまった時間が出来たら、一気に読みたい大作!!

それぞれ違った世界観(コミュニティー)を描き、
何でも便利になったことが当たり前の私たちの世界に
色々な意味でのメッセージが込められた物語となっているような気がします。

この世界だけに浸って4巻を全部読み通したら、、、
と想像するだけで別世界に飛んで行っちゃいそうな、
そんな不思議な世界。

こういう世界に住みたいか?と問われたら、
イエスとは言えないけれど、現代で失われてしまった何かが。
人間としての本質に気づるようなそんな世界観な気がします。

いやぁ〜、なんか奥が深く、物語自体にというより、
この大作に感動している感じ?!
うまく表現できないけれど、次回は、全部を読み通す勢いで
どっぷり浸りたいなぁ〜。そんなまとまった時間が取れたらな。。。

英語的には前作のGathering Blueよりかなり読みやすかった気がします。
と同時に短かった気もします。

それでは、今日もHappy Reading & Shadowing〜
スポンサーサイト

Category: YL = 5

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。