03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

The Dancing Bear 読了♪ 


The Dancing Bear
YL = 4 (自己判断) 7,000words (概算)

Michael Morpurgo のショートストーリ。
語り手は、「私」。
代々、羊飼いの家で育った私。
3歳の時の事故で足が悪くなり、学校の先生に。
まとめるのは、羊じゃなくて子供達になっただけ!

と、私の生い立ちから入り、淡々とした語り口に
魅き込まれましたぁ〜。モーパーゴ節!!
思わず、いっきに読んじゃいました!

舞台は、人里離れた小さな村の少女が
山からクマの子供を連れてくる所から始まります。

短い物語だけに、あまり人の感情とかが詳しく
説明されていないので、読み手によってかなり理解が左右されるかも?!
大人と子供と受け止め方が違うような?!

その分、余韻もかなり楽しめるようなお話だったような気がします。
その割には、最後の最後はちょっとあっけなかったかな。。。
私はこういうモーポーゴの表現の仕方がとっても大好きなので、
とても魅き込まれました。

人と動物のふれあいを上手に描いた作品だと思います。
白黒ですが、Christian Birmingham のイラストも素敵でした。
彼もまた、モーパーゴの物語のイラストを多く手がけています。

総語数が少ない割には、単語は容赦なかったような?!
難しい単語が所々あったような気がするので、レベルは4にしてみました。

それでは、今日もHappy Reading & Shadowing〜
スポンサーサイト

Category: YL4.0~4.9

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret