06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

「沼地のある森を抜けて」読了♪ 


沼地のある森を抜けて (新潮文庫)

梨木香歩さんの和書です。
実は、去年の読みかけた事があるのですが、
途中で投げ出したままになっていました。
読みかけの時のブログ記事

読みたい気持ちはあったんですけどね、
なんせ、長編小説。長い!本の厚さで引いていた部分と、
実は読みかけた時に物語が伏線部分に入ったんです。
その時に、迷子になったというか、頭に入ってこなかったというか。
いまいち、先に進めなくなったんですよね。
それまで、かなり調子良く読めていた気がしたのに、、、

でもずーーっと気になっていた。読みたいと思っていた。
今回、そのタイミングが来たみたい?!
一気に読みました〜〜。
というより、先が気になって、進まずには居られなかった!?

きっかけは、おばさんの持っていた「ぬか床」。
独身で身寄りのなかった叔母さんの「ぬか床」を引き取ると、
今までになかった不思議な事が次々に?
たかが「ぬか床」されど「ぬか床」?!
代々受け継がれて来た女性の手によって因縁のこもった
「ぬか床」に?!

と、ま、色々と魅き込まれて行っちゃいました。
もう最後は、感動〜〜の一言。

でも意外にも終わり方はあっけなかった?!
とも思わなくないのですが、生命とは、人生とは、家族とは。
なんて考えさせられる事、満載な物語で読んで良かった〜。
読めて良かったぁ〜。 の一言です!!

アマゾンのレビューがあまりなかったので、あまり認知されていないのかしら?
なんて思ったら、全然違いました。
ブクログや読書メータのサイトには、何千もの書評、感想が載ってました!!

中には、読み切れなかった。
伏線の部分の意味がわからない、頭に入ってこない。
なんて感想もあって。やっぱり誰にでも受け入れてもらえる物ではなかったのね?!
とも思わなくなかったのですが、私はとっても読んで良かった。
多読のお陰で、良い和書にも出会えて良かった
と、感謝感激でございます

今日は和書でしたが、今日もHappy Reading〜
スポンサーサイト

Category: 和書

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret