07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

Michael Morpurgo : War Child to War Horse 読了♪ 


Michael Morpurgo: War Child to War Horse
YL = 7 (自己判断) 90,000words (概算)

マイケル•モーパーゴの伝記です。
ご自分で書かれた物ではありませんが、
7つのチャプター毎にご本人がその時々を振り返った物語を書いています。

結構ボリュームのある伝記でしたが、読んだ甲斐がありました!
簡単に作家として成功し、都会の子供たちに農場体験!
を提供しているのかと思ったら全然違いました

またお母さんとおばあちゃんは、劇団女優さんで、
小さい頃からシェークスピアが身近だったり、
なんて言う所は彼自身が作家になってもおかしくないのですが、
その割りには、かなり遅咲きだった事も新発見でした


こちらなんかは、陽の目を見たのは20年近く経ってから?!
は、ちょっと大げさかな?でも10年以上は経っていたみたい。

また、

こちらの表紙は、フランスに住むお孫さんで話題になったようですが、
早くに結婚し、御自身の家族にはとても恵まれた人生を送っている方だと思います。
あまり大きくは扱われていませんが、奥さんの陰ながらの力は、
想像以上に大きいんじゃないかと思います。

奥さんの父親という方は、ペンギンブックスの創設者。
なので、若くして結婚したマイケルへの印象はあまり良くかったようです。
また、彼も奥さんの家庭に金銭的に助けてもらうのは、男として
情けない事だったのでは? 苦労した事と思います。

そんな奥さんとの共作、

はいずれ読んでみたい一冊!

彼自身のお母さんは彼が小さい頃に再婚して、
彼とお兄さんは新しい父に育ててもらいましたが、
本当の父親という方とも最期まで連絡を取っていました。
途中、色々とあったと思いますが、あまり詳しくは述べられていませんが。。。

その他には、Morpurgo という名字ですが、
これは、後から来た継父の性ですが、元々はユダヤ系の名前のようで、
戦時中はこの事を聞かれるのをご本人は怖がっていたようです。
そんなくだりは、ちょっとなんですがね。

小さい頃、戦争ごっこをしたり、ゴーストを見たり?!
話しを作る感じのことはとても好きだったようです。
ただし、現実があってそこから発展する形は、今の本の形態と同じかな?!
ご自分では、作家ではなくて、「語り手」である。と強く強調していたようで、
今でも?!作家になる気は全くない?! と、ちょっと大げさですが、
農場で子供達にお話を読んで聞かせるのは好きだったようです。

本の最後には、ブックトークなどで皆で話し合えるような
アクティビティがあります。
そして、彼の今までの本のタイトルが年代別にリストされていました。

あーーー、読みたい本が〜〜〜

代表作として大きく扱われていて、
絶対読みたい本は、、、
  
本当は、全部読みたいけどね、、、

その他、

主人公の少年のモデルは、ご自身だそうです。
ご本人もお気に入りの一冊のようなので、誰にでも読んでもらいたい!
私もまた、読みたい1冊です。

Michael Morpurgo の公式サイト に行くと
バラエティーな表紙が見られます!

それでは、今日もHappy Reading〜
スポンサーサイト

Category: YL = 7 以上

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret