08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

brown girl dreaming 読了♪ 


Brown Girl Dreaming (Newbery Honor Book)
YL = 4 (自己判定) 30,318words

著者、Jacqueline Woodson の伝記。
詩の形式で彼女の幼少の頃からの思いを綴っています。

2014年 全米図書賞大賞受賞
2015年 ニューベリーオナー賞受賞
2015年 Coretta Scott King 賞受賞
と、児童書のあちこちのサイトで話題になりました。

コチラの本が話題になるまで、こちらの作者さん、
あまりお名前を聞く事がなかったのですが、(私だけ?)
実は、過去にニューベリーオナー賞に何度か
ノミネートされたりしている、有名な方でした

彼女が生まれたのが1963年。
既に黒人奴隷制度や差別問題などは、先人達が戦い、
新しい道が出来始めている頃。
そんな時代を彼女の目線から、
彼女と家族の様子を綴りながら、詩の形式で
きれいに語られていました。

著者自身は、どこへ行ってもあまり差別を受けたと
感じる事はなかったように描かれていますが、
ご両親、祖父母はとっても苦労したんではないか。
というのは、垣間みれます。

またお姉ちゃんは、とっても賢く、先生達からは
優等生扱いを受けていたのですが、
彼女もお姉ちゃんと同じ、と最初は見られて困ったり。
小学校中学年になってから、絵本をたくさん読んで、
好きな本は何百回でも読んで覚えてしまったり。

と、みんなとちょっと違っても、
誰もこうしなくちゃ駄目、とか、こうあるべきとか。
という押しつけはしなかったようで、
伸び伸びと自分の道を進んで来れたような事も書いてありました。

詩の形式で書かれているため、一つ一つに詳しい描写が
付いているわけではありませんが、
短い言葉でストレートに読者に訴える物があったと思います。
特に、小学生ぐらい読んで、自分の将来を少し考える。
そんな題材にはとても良い本だったのではと思います。

自分が生まれた環境、時代。
人それぞれ違うけど、前向きに生きられる!
そんな本だったと思います。

それでは、今日もHappy Reading〜
スポンサーサイト

Category: YL4.0~4.9

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret