07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

Half a World Away 読了♪ 


Half a World Away
YL = 5.5 (自己判断) 35,552words

Cynthia Kadohata さんの2014年の児童書

Jaden 12歳。4年前に Romania から
アメリカの Penni と Steve の所に里親に出されて
引き取られました。 そう、'adoption' されて。

序盤は、そんな彼を見守る心理士のことなども。
しかし物語のメインは、
Penni と Steve の次なる 'adoption' の為に、
家族3人で Kazakhstan へ行くのです。

心を閉ざしている訳ではないのですが、
でもはやり、物心ついてから自分の生まれ故郷とは別の、
国へ連れてこられて、、、彼には彼なりの考え方が。
そして、生活習慣が。

そして、家族3人で行った Kazakhstan への旅が、
また次の家族へ。それぞれが心動かされて行く様子が
静かにゆっくりと語られていました。

こちらもなかなか心にじ〜んと染みる感じの良い児童書でした。
Cynthia Kadohata さんの本の中で一番好きかも!
話題になっているのかな??

'adoption' 日本に居るとあまり身近な話題ではないと思いますが、
アメリカではかなり身近なのかな??
オーストラリアでも難民の受け入れはしているけれど、
こうやって自分たちが自分たちの子供を探しに行く感じは、
あまり聞いた事がないかな。。。

世界中の子供が、みんな平等に、平和に!
と思わず願いたくなるようなそんな物語でした。

それでは、今日も Happy Reading〜
スポンサーサイト

Category: YL = 5

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret