07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

Chasing Redbird 読了♪ 


Chasing Redbird
YL = 5.5  44,972words

13歳の少女、Zinny。
兄弟だけで7人。そして、隣には伯父さん家族が居て。
田舎の農場で、大家族の生活。

そして、いきなり自分の同じ年の
伯父さんの娘の死に直面し、、、
おばさんの死。。。

こちらの図書館のヤングアダルトの棚にありました!
読み手の年齢、経験などで受け取り方は
とても変わるのでしょうが、
「家族」とは?「死」とは?

ちょっと切なすぎる気もしますが、
ティーネージャーが考えるにはとても
良い物語だったのではと思います。

個人的には、母の一周忌を今月迎えるので、
悲しさ倍増な面持ちになってしまいました。。。

Walk Two Moon をだいぶ前に読んで
忘れてしまったのですが、
どうやら繋がりもあったりする?!
もう一度、再読しなくちゃっ!

感覚的ですが、Walk Two Moon の方が
感動した気がします。
こちらの方が、しんみりちょっと平坦な感じかな?

思春期に入る頃の子供達の感情を上手に
描くのが得意な作者さんなのは、間違えないです!


そして、邦訳された本もありました!


アマゾンでの書評は、ひこ•田中さんという方が書いていました。
最近知ったのですが、この方、日本の児童文学作家さんです。
大きな書店などに置いてある、フリー誌 BOOKMARK
2号のスペシャルゲストで特集を書かれています!

原書で読めたら最高!
と思って始めた tadoku。
しかし最近は、邦訳された本も気になります。
どれだけ感情をうまく読み取れたか。
翻訳する方の受け取り方と同じなのかな??
などなど、、、あ〜、もう良書なら
英語も日本語も関係なく、読みたいこの頃です
ますます時間がない?!

それでは、今日もHappy Reading〜
スポンサーサイト

Category: YL = 5

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret