FC2ブログ
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

Alone on a Wide Wide Sea 読了♪ 


Alone on a Wide Wide Sea
YL = 5.5 (自己判断) 45,000words

第二次世界大戦。
イギリスで両親を戦争で亡くした子供達。
孤児として送られた場所は、遠く遠く離れたオーストラリア。
船に乗せられ行き着いた場所では、
育ててくれる家庭を探してくれるのではなく、
奴隷同然の強制労働が待っていました。

そんな史実を元に書かれたフィクション。
主人公のArthurは、自分の両親が本当に存在したのだろうか?
というくらい記憶もままならない幼い時に船に乗せられ、
オーストラリアにやってきます

記憶なのか妄想なのか、、、
船に乗せられる時に、姉であろう人から
一つの鍵を自分の首に掛けられて、、、
なぜ自分が渡されたのか、本当に姉という人に渡されたのか、、、
何の鍵なのか。何も覚えていないけれど、
今でも大事に大事に。
そして、いつの日か姉、Kitty を探しに行く事を決意して。

モーパーゴの出だしの書き方に、いつも魅き込まれる私。
最近、時間がなくてなかなか読書タイムが取れないのに、
オーストラリアへの航海が物語。と知り、
本を開いて読み始めたら、止まらなくなりました

ブクログで本の検索をしたら、
邦訳版は、高校生の課題図書に上げられた事も
あるんですね!イマイチ、気に入らない邦訳タイトルですが...


やっぱりこの著者が好き!
と改めて思わされた読書タイムとなりました!
代表作はやっぱり

なんでしょうが、どの本もハズレなしです!
全作品読みたい!作者さんの一人です。

それでは、今日もHappy Reading〜
スポンサーサイト

Category: YL = 5

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret