FC2ブログ
11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

Flamingo Boy 読了♪ 


Flamingo Boy
YL = 5 (自己判断) 50,500words (概算)

絵を描くのが好きで、褒められた絵に自分の名前を。
そして自分の部屋に飾った。
そこには前々からかかっている絵が。
それは、自分と同じ名、Vincent 。
Vincent van Gogh
オランダ人ですが、南フランスで過ごす事も多かったとか。

どこかの海辺に浮かぶ船。
名前は、Amitié
意味は、フランス語で 'friendship or love'

そこから始まる旅。。。
それは、歴史を語る、知る、旅でした。

第二次世界大戦中に北フランスで起こった
二家族の物語を語ってくれます。
Kezia とLorenzo の出会い、それは
戦争での運命的な出会いでした。

ドイツ軍が予期せず攻めて来て、
湖のある田舎街にも悲劇は襲おうとしていましたが、
戦時中でも一人の人間として、国に関係なく
人として接してくれた兵士。

すべてが崩れて行くように見えた物語も
終戦とともに希望が見えた事も。

この時代には変だ、変わっているということでしか
見てもらえなかった精神障害の子の家族と
移動式メリーゴーランドで生計を立てていた家族の繋がり。

モーパーゴらしく人間と動物の関わり。
戦時中の人間関係。
実話ではないのでしょうが、戦時中、こんな体験をした家族も。
悲惨な中にも救われる部分が多々あり、
なかなか心、揺さぶられる物語でした。

2018年の新作。
ハラハラ、ドキドキしつつもハッピーエンドといえる物語でした。

それでは、今日も Happy Reading〜
スポンサーサイト

Category: YL = 5

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。