FC2ブログ
11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

Goodbye, Mr Hitler 読了♪ 


Goodbye, Mr Hitler
YL = 5.5 (自己判断) 57,000words (概算)

1943年、ポーランドで戦争を切り抜けた
10歳の少年、Johannes。
時を同じくして、ドイツから戦争を切り抜けた
Frau Marks。43人のユダヤ人の子供達を救い、
看護婦としてなんとか戦争を切り抜けます。

そこから始まる戦争から必死に抜ける物語。
最後に辿り着く所は、、、

1作目、Hitler's Daughter
2作目、Pennies for Hitler
に続く3作目。
といっても、1作目と2作目に関連性があまり見えなかったのですが、
3作目、1つ、1つが伏線のようになり、最後に一つに繋がります。
いやぁ〜、かなり印象的な終わり方でした。
そして、3作目のこのタイトルに納得です!!

裏表紙のBlurbが印象的で、すべてを物語っているので、
そのままここへ書いておきたいと思います。

This is the story of Johannes, and Frau Marks,
and the strange girl now known as 'Helga'.

It is also the story of how they survived the death camps,
the vast wilderness faced by European refugees after
World War II, and eventually found happiness in Australia.

This moving and compelling book follows on from Heidi's
story in Hitler's Daughter and Georg's in Pennies for Hitler,
and shows us you've won, the hardest and most necessary
battle is to understand and forgive.

And to learn how to live and love again.

この物語のちょうど真ん中でヒットラーは自殺した。
と告げられます。そして、しばらくして戦争は終わったと。
教えてくれたのは、アメリカ兵。
チョコをくれたり、毛布をくれたり。

そして、ここからがまた逃避生活の新たな始まり?
でも戦争は終わったので争いはありませんが、
生きて行くのは大変なことでした。

いやぁ〜、途中から色々と気になって気になって
読むスピードが早くなったような?!
3冊を一気に読んで、かなりの達成感を味わいました!!

そして、架空の物語だけど、
やっぱりこんな結末がどこかにあってもおかしくないと。
思わなくもない物語でした。

引き裂かれた家族、そして新たに出来た家族。
しかし、遠くオーストラリアまで来てしまったけど、
また再会できた喜び。

途中、悲しい場面もたくさんありましたが、
ハッピーエンド的な終わり方に読後感も満足です!
どうしても戦争物だと奴隷として使われたり、
虐殺されたり、とあまり良い印象がないので、、、

3冊とも邦訳が出る事を願っています!

それでは、今日もHappy Reading〜
スポンサーサイト

Category: YL = 5

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。