FC2ブログ
11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

Born to Run 読了♪ 


Born to Run
YL = 5 (自己判断) 32,000words (概算)

sub title は、
The many lives of one incredible dog
とあるように、自分の飼い主が予期せぬ出来事で
変わるのですが、その様子を描いた物語。
人間の立場、からと、グレーハンドドッグの立場から
描いた児童書。

一度目の飼い主、Patrick の元へは、
川を流れて来た所を救われます。
まだ生後間もなくで、他にも一緒の兄弟がいました。
一度は保護センターみたいな所へ送られますが、
Patrick の元へ戻って来て、一緒に成長するはずが、、、

身近に居た悪いやつに連れられて、
レース犬として、賭け事、人間のお金儲けの為に
走らされるのですが、一緒にいた少女に助けられます。

そして、最後に出会ったのが、渡し船(?)で生活していたような
おじいちゃん。バンで子供達に焼きポテトを売ったりもしていました。
今までの人生もちょっと振り返りつつも
老人ホーム取り壊しの反対運動におじいちゃんと参加して、
地域のヒーローになったりして。

そして、最後にハッピーエンドが待っていました!
最初の飼い主であった Patrick に再会する事が出来るのです。

いやぁ〜、またまた魅き込まれました!
飼い主が変わる毎に違う名前をつけられたりして、、、
飼い主との生活が描かれた後に、犬の言葉で物語が描かれていました。
グレーハンドが主語、I (私)で語られ始めた所から
字体が変わるので、本だとすぐに気が付くのですが、
電子版の方は、特に字体が変わらないので、最初、ん???
と、混乱しました。

またまたモーパーゴの語り口にはまりました!

それでは、今日もHappy Reading〜
スポンサーサイト

Category: YL = 5

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。