10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

The Boy in the Striped Pyjamas の DVD 観ました! 

以前に、長男の学校の推薦図書にあった本のDVDを観ました。


縞模様のパジャマの少年 [DVD]

本を読んでからのDVDでしたが、
過去の出来事とはいえ、最後は胸が張り裂けそうになりました。
ちょっと耐えられなかった。。。

DVDの方は、映像の力もかり、かなり悲惨に描いていると思います。
本の方が、もう少し詳しく事の成り行き、感情などが表現されていたのでは?

現実はもっとひどかったのだろうけど、映像で観てしまうと、
インパクトが強すぎます。 歴史を変える事はもちろん出来ませんが、
自分の子供には見せたくないと思ってしまいました。
大人の感情が入り過ぎかな??

ところで、今、次男は小3国語の教科書の
「ちいちゃんのかげおくり」 という所を勉強しています

日本のお父さんが出征に行くお話なのですが、
前半を週1日の授業で先生が読んでくれて、毎日の音読が宿題です。

次男に、「意味わかる?」と、あちこちで聞くと
先生の朗読が速すぎて、あまり分からなかったと。。。
なので、宿題の音読のところは、所々、説明をしてあげて。
後半は、予習の意味も込めて私が読んであげました。

ところが、、、日本語でつい、私も感情が入ってしまったのか、
最後には、次男は、大泣き
戦争で家族がバラバラになってしまったこと。
爆弾が落っこちて来た事。 などなど、
かなり悲しくなってしまったようです。

すっかり読書好きになってくれた次男。
こんなに感情まで読み取れていたとは。。。しかも日本語で。
映像を観る事を好まないのですが、ここまで字だけで感情が入るのも
ある意味、すごいな〜〜〜と、親ながら感心してしまいました。

英語、日本語に限らず、読書が育てる感情も測り知れない!
と、思った出来事。情操教育にも多大な貢献?!
The Boy in the Striped Pyjamas のようにならないよう!
自分の子供たちの事は、親がしっかり見守って行かなくては!
と、思った読書&鑑賞でした

それでは、今日もHappy Reading & Shadowing〜
スポンサーサイト

Category: 映像&鑑賞

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret