09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

2012年、Newbery Honor 作品より♪ 

2012年、Newbery Honor の1冊を読みました。
2011年には全米図書賞児童文学部門を受賞しているようです。


Inside Out and Back Again
YL = 4 (自己判断) 14,036words

1975年、ベトナムからアメリカへ。
難民として渡った10歳の少女の目から見た世界を
詩のような形式で、つづっていきます。

短い言葉で語っているので、
本を開くとページの左側だけに文字がある感じで、
思いのほか、すんなり読みやすく感じます。
でも読み進むうち、一つ一つの言葉に重みを感じました。

全部で4つのパートに分けて書かれていました。
サイゴン → 船での避難 → アラバマ → 現在
家族の絆、文化の違い、言葉の違いなどなど
短い言葉に少女から観た世界観が見えました。

ここオーストラリアも難民の話は、良く耳にします。
実は私も以前働いた所に2人ほど、エチオピアからの難民の
女の子が二人いました。
ここでは、難民という言葉は意外と身近なので、
共感する人も多いのではと思いました。

そして、個人的に頭をよぎった本は、

どちらも直接、難民のことではないかもしれませんが、
移民として、違う国へ行く者として。
重なり合う所が多くあったように思いました。

ニューベリー賞作品のため、新刊としてこちらの図書館に
入り始めたところ。とっても目につくところに置かれていて、
思わず手にして、予想外の読書となりました^^;
またまた未読本が積まれていくばかり・・・

でも新しい出会いに、またまた感謝

それでは、今日もHappy Reading & Shadowing~
スポンサーサイト

Category: YL4.0~4.9

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。