10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

Autumn Street 読了♪ 

Lois Lowry の 1980年の作品のようです。


Autumn Street
YL = 5 (自己判断) 37,258words

物語は、6歳の少女エリザベスから見て、感じた世界を
描いています。 が、時は、真珠湾攻撃。戦争の時代。
ちょっと重苦しい感じの物語でした。

6歳の少女が、戦争とは?
なんで戦争ってあるの? どこにあるの? と、戦争を恨みます。
なぜなら、お父さんが戦争でいなくなり、
自分たちはおじいちゃんの家へ引越さなくてはならなくなり・・・
すべては見えない、正体不明の戦争のせい??

そんな悩みと生と死の体験と複雑な人間関係と。。。
重苦しい雰囲気で物語は進んでいきます。

戦時中ということで、日本やドイツを恨む部分もあります。
印象的だったのは、
'The Jap chop heads off. But Germans put people in ovens.'
という部分。 本当にそんな風に思われていた時代が
あったんだと思います。

6歳の少女が主人公の物語にしては、英文もちょっと難しく、
内容的にもちょっと重苦しいので、小学生でも高学年以上が
対象なのではないかと思います。

大人が読んでも十分、読み応えあります。
逆に子供には、ちょっと難しい時代背景、人種差別が
さりげなくあちこちに散りばめられていて、難しめ。
あまり楽しめるような感じではない気がします。

ところで、この本、アマゾンで見たら、
ペーパーバックよりキンドル版の方が、値段が高いんです。
そんな事、あるんですかね?? ちょっとビックリしました。

それでは、今日もHappy Reading & Shadowing~
スポンサーサイト

Category: YL = 5

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret