01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

多読でやり直し英語 from AUS

子供と一緒に英語も日本語も絵本から!!そして、40歳にして出会ったtadoku。オーストラリアから絵本も児童書も!!自分の多読記録。 気軽にコメントしてくださ~い^^ tadokuとは、辞書はひかない。わからないところは、どんどん飛ばして!!やさしい絵本から、、、たくさん読む事! 楽しいよっ♪

 

Two Wolves 読了♪ 

Two Wolves
Two Wolves
YL = 5 (自己判断) 52,000words (概算)

7歳の妹、オリーブと留守番をしていた
ベン、13歳。
両親が出かけている間に訪ねて来たのは、
警察官でした。

そこから両親と始まる「ホリデー」という名の
行く宛もわからない旅=逃亡生活?!
一度もホリデーに連れて行ってもらったことなどないのに、、、

元々、探偵や警察のことに興味があったベンは、
自分なりに何か手がかりになる事はないかと
ノートに自分なりの証拠を書き留めるベン。

何かトラブルに巻き込まれたらしいと気づきます。
それが思いもかけない方向へ、、、
両親は何を考え、何をしようとしているのか。

ベンが見つけた亡くなったおじいちゃんのノートから。
An old man tells his grandson one evening that
there is a battle raging inside him, inside all of us.
A terrible battle between two wolves.
One wolf is bad - pride, envy, jealousy, greed, guilt, self-pity.
The other wolf is good - kindness, hope, love, service,
truth, humility. The child asks, "Who will win?"
The grandfather answers simply.
"The one you feed."
p. 21 より抜粋

常に自分の中でもう一人の自分と葛藤するベン。
等身大の中学生に読んでもらいたい、
なかなか考えさせられる物語になっていました!
こちらの推薦図書、小学校高学年から、となっています。

中2の息子がこちらの英語(国語)の授業で
課題本として読んだ本。ということで、
私も読んでみました〜

授業でどんなことをしたのかはわかりませんが、
色々な問題を投げかけてくる物語になっていたと思います。
思春期の子供と向き合うには良い題材の物語だったと思います。

最後に逃げ出すだけでは問題解決にならない事も
教えてくれていると思います。

オーストラリアの作家さんとのことで、
日本のアマゾンでは出て来ませんでした、、、残念
Goodreadsの方には、ちゃんと出て来ましたよ!
でもレビューを書いた人たちを見てみたら、
ほとんどオージーのようです

それでは、今日もHappy Reading〜

Category: YL = 5

tb -- : cm 0   

「つるかめ助産院」、読了♪ 



一緒に暮らしていた旦那さんが
ある日突然、居なくなった、、、
そんな旦那さんを捜しに行った先は、
遠〜い南の島。

むかし、二人で行った思い出の地だから、
もしかしたら、彼がいるかも。。。
という思いから足を伸ばしたのですが。

そこからの出会いと衝撃的な出来事の連続。
予想外の展開だったのですが、とっても神秘的で。
素の人間にもどったような。
ありのままの姿の人間、自然。

どれも神秘的で良かったなぁ〜。感動〜
ちょっと結末があっけなすぎて、あらっ?!
これで終わり?! みたいな所があったけど、、、
久しぶりに良い和書に出会いました!

読み終わってから記事を書くのにちょっと時間が
かかっちゃいましたが、報告まで!

それでは、今日も Happy Reading〜

Category: 和書

tb -- : cm 0   

the Problem with Forever 読了♪ 


the Problem with Forever
YL = 6 (自己判断) 128,715words

小さい頃に虐待され、ホームスクーリングをし、
あちこち振り回されて育った、Marolly。
高校生になって見つかったフォスターファミリも
彼らの唯一の子供の身代わりに私を育ててくれているんじゃないかと、、、

今までの生い立ちが、PTSDに繋がり、
学校生活に馴染めず。
新高校生活が始まった時にふと再会した、幼なじみのRider。
彼もまた、生みの親を知らず。

そんな彼らが再会し、距離が縮まり...
恋に落ちるのですが、彼らの前にはいつも
大きな障害物が、、、一難さって一難?!
いや、高校生ならではの問題よね。
授業のことや進路のことや親とのこと。。。

ちょっと日本とは違うな、って所は、
目の前で同級生が銃で撃たれて死んでしまうんです。
これはちょっと、、、あまりにも心苦しかった。

そんな Marolly と Rider の昔からの結びつきは、
こちらの絵本。


古典絵本のようです。
お恥ずかしいのですが、知りませんでした

日本語版もいしいももこさんの訳であるんですね!


これから絵本の方も読みますよ!

いやぁ〜、それにしても久しぶりに長編小説、がんばりました!
長かったぁ〜、、、だけでなくて、tadoku的にかな〜り、
すっ飛ばした感あったのですが、ちゃんと読めたのかな??

ジャンルとしては典型的なYA!!って感じの物語でした!

それでは、今日もHappy Reading〜

Category: YL = 6 ~ 7

tb -- : cm 0   

Did I Ever Tell You How Lucky You Are? 読了♪ 


Did I Ever Tell You How Lucky You Are?
YL = 2 (自己判断) 1,001words

久しぶりに Dr. Seuss 読んでみました!
なんか日本の中学校から始まる、習う英語を
思いっきり裏切るような!?
リズミカルな英語に出会える絵本だと思います!

でもtadokuを始めて、こちらの絵本から入るのは、
やっぱりちょっと、、、出鼻をくじかれる、よね?!

Dr. Seuss は、音源と一緒が一番おすすめです!

それでは、 Happy Reading 〜♪

Category: YL2.0~2.9

tb -- : cm 0   

「食堂かたつむり」、読了♪ 



トルコ料理店でアルバイトをして、、、
インド人の彼と同棲。
なんかすごい組み合わせ!なんて思ったら、
仕事が終わって帰宅すると、もぬけの殻。
家財道具一式、何も残っていない部屋。。。
そんなどん底からスタートする物語!

何もない田舎へ帰って好きな料理で!
お客さまのために作る、もてなす!
彼女が始めたのは、小さな食堂。
それが、食堂かたつむり!

くつろいでもらうことが第一!
の食堂として、1日一組限定!
しかも事前に面談して、お客様に合わせた
料理でもてなす。
いろんな悩みを抱えたお客さんが来るんです。

自分のためにこんなに考えて料理を作ってくれるなら、
私も一度、行ってみたいな!と
思わせてくれるような食堂でした。

番外編のちょっとしたお話も素敵でした♪
心温まって、気軽に読める物語。

小川糸さん、初めて読みました。
すっごく気に入った表現がある訳ではないのですが、
なんか懐かしさを思い出させてくれるような魅力がありました。

それでは、今日もHappy Reading〜♡♪

Category: 和書

tb -- : cm 0